ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

町工場は今 東京・墨田(下)資産譲渡、区がマッチング 廃業者と譲受希望者を仲介

alt
隅田川

支援計画書に基づいて様々な支援を展開する

(墨田区HP 平成26年度地域内事業承継支援事業実施報告書より抜粋)

 他にも、事業承継についてのコンサルティングや廃業などに伴う債務整理など、確実に引き継いでいくために、あらゆる角度からのサポートを行っています。

 また、これらは墨田区だけでなく、国や都、商工会議所や金融機関など様々な主体と連携して取り組んでいます。

 産業の衰退が深刻化する中で、墨田区では後継者をはじめとした人材の育成や、事業の継承など、様々な支援をしていることが分かりました。

 一方で、廃業を考えている企業のうち譲渡や譲受を希望する企業はまだまだ多くありません。区の取り組みがもっと多くの中小企業経営者の元へ届くよう、情報発信の強化や使い勝手の向上が課題と感じました。

 今ある大切な技術や人の思いを人から人へつないでいくため、他の地域ではどのような取り組みをしているのでしょうか。これからも調査を続けてまいります。

取材・文:M&A Online編集部

関連リンク
町工場は今 東京・墨田(上)事業所数、最盛期の3分の1 500社が廃業検討
M&Aコンサルタントが語るMBOの最新事情(下)事業承継に使えるのか?
【専門家に聞く】M&Aを積極活用。急がれる中小企業の事業承継(1/4)

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

町工場は今 東京・墨田(上)事業所数、最盛期の3分の1 500社が廃業検討

町工場は今 東京・墨田(上)事業所数、最盛期の3分の1 500社が廃業検討

2016/11/20

後継者が見つからず廃業する中小企業が増えています。このまま放置するとと大切な技術が失われ、地域の雇用や税収にも深刻な打撃を与えかねません。こうした中、経営者や自治体はどんな対策を打とうとしているのでしょうか。第一弾として全国で有数の「町工場のまち」として知られる東京都墨田区を取材しました。