menu
Social media

ビジネス

【M&Aインサイト】白書が語る後継者不足の現状

Cover 04750ffd 5697 4de9 b124 df28e9bfac88
画像はイメージです。

企業の約6割が後継者不在

 内閣府の2014年版「高齢社会白書」によると、国内の高齢者(65歳以上)の人口は過去最多の3,190万人に達し、高齢化率は25.1%と4人に1人が高齢者となった。企業経営者の約3割は65歳を超えており、国内企業の3分の2が後継者不在の問題を抱えているという。

 こうした社会的背景の中、帝国データバンクが全国28万4,412社を対象に後継者の有無を調査したところ、9万8,388社(34.6%)が「後継者あり」、18万6,024社(65.4%)が「後継者不在」との回答を得た。年齢別で見ると、社長が「80歳以上」の企業では3社に1社(34.2%)が後継者不在。将来の事業継承を見据え、後継者選定を始める必要のある「60歳代」では、半数強の53.9%が後継者不在であった。地域別に見ると「北海道」の後継者不在率が72.8%と最も継承準備が進んでおらず、「四国」は48.7%と企業の半数以上が「後継者あり」となった。業種別では「サービス業」の後継者不在率70.4%がトップで、次いで「建設業」の70.0%が続いた。

 また、売上規模別に見ると、「100億円以上」の企業で後継者不在率が25.7%であったのに対し、「1億円未満」の企業では4社に3社(76.6%)と占有比率が高く、小規模事業者の事業継承問題が深刻化していることが分かる。「後継者あり」の企業9万8,388社に後継者の属性を聞くと「自身の子ども」が38.4%でトップ。次いで「非同族」が30.7%、「親族」が19.9%であった。12年度以降に社長が交代した企業は、3万716社で、今回分析対象企業とされた28万4,412社の約1割(10.8%)で事業継承が行われた。業者別に社長交代率を見ると、「建設業」では調査対象5万1,387社中4,384社(8.5%)と最も低く、小売業も8.6%と低水準であるなど、この2業種において事業継承が進んでいないことが分かる。特に建設業においては、後継者不在率も70%に達するなど、事業継承への取り組みが急がれている。

 中小企業の中には「事業を継続したくても業績不振や先行きの見通しが見えないという理由から親族などに継がせたくない」と考えるケースも多く、事業継承問題の解決には、企業自体の業績回復が必要不可欠である。

出典:後継者問題に関する企業の実態調査:帝国データバンク
(月刊「ビルメンテナンス2014年11月号」より)

月刊 ビルメンテナンス

5d01e52e 2f56 4f8a b31c 78f136e7f85e

月刊「ビルメンテナンス」は、1966年公益社団法人「全国ビルメンテナンス協会」発足と同時に創刊。季刊、隔月刊を経て、72年以降、月刊誌として発行を続けている。ビルメンテナンス業界唯一の総合雑誌として、技術から経営まで研究・情報記事を提供している。 

公益社団法人全国ビルメンテナンス協会
http://www.j-bma.or.jp/


中小企業

NEXT STORY

【M&Aの現場】ドラッグストアを支えてきた夫婦の決断

【M&Aの現場】ドラッグストアを支えてきた夫婦の決断

M&Aというと海外を舞台にした大がかりなもの、と考える人も多いが、国内の中小企業でも実は盛んに行われている。後継者不在の地方都市にて、ドラッグストアチェーンを営む夫妻の例を見てみたい。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333