元メガバンク行員が語る、M&Aで融資を引き出すポイントとは?

alt
写真はイメージです

M&Aを実行するにあたって銀行に相談する経営者は多いだろう。

銀行に相談するメリットはたくさんあるが、M&Aの実行にあたって融資を受けたい経営者にとって銀行に相談するのは必須といえる。しかし、銀行に相談すれば融資を受けられるというものではなく、融資を受けるためにはいくつかのポイントを押さえる必要がある。

そこで今回は、M&Aを実行するにあたって銀行から融資を引き出すためのポイントについて説明をする。

銀行から融資を引き出すための主なポイントは3つ!

銀行から融資を引き出すためのポイントはたくさんある。当然、業績などは非常に重要となる。しかし、業績以外にも銀行から融資を受けるポイントはたくさんある。

融資を引き出すためのポイントについてわかりやすく説明するので参考にしてほしい。

①現在融資を受けていること
銀行から融資を受けるためには現在、その銀行から融資を受けていることが重要。またM&Aの売り手企業もその銀行から融資を受けていれば非常に有利になる。

なぜなら融資を受けているということは、その銀行に与信情報がしっかりあるということになるからだ。銀行は、新規の融資には非常に慎重になる傾向がある。しかし、しっかりと情報をつかんでいる既存先であれば新規先に比べ融資を引き出しやすく。

②融資の相談をする支店・法人営業部の業績
融資の相談をする支店や法人営業部の業績が非常に重要になる。なぜなら、業績の進捗度合いによって、融資判断が変わってくるケースが多くなるからだ。

例えば、業績が非常に良い支店や法人営業部の場合、無理をして融資をすることは少なくなるだろう。むしろ無理をしてコンプライアンスに引っかかってしまうことを警戒するケースが多い。一方、もう少し頑張れば、業績表彰を取れる支店や法人営業部の場合、多少無理してでも融資を実行したいと考えるのが普通だ。

このように支店や法人営業部の実績によって融資を受けられるかどうかは大きく変わってくる。現在の業績の進捗状況については支店や法人営業部の担当者に聞くのが良いだろう。また、取引先の企業から情報を集めることもできるので、様々な情報について常にアンテナを張っておくことが重要だ。

③支店長や法人部長とのリレーション
融資の決裁権限は、一般的に支店長や法人部長が絶大なものを持っている。支店長や法人部長がオーケーを出せば多少無理な融資でも通る。

つまり、支店長や法人部長と強固なリレーションを結ぶことができれば、融資を受けやすくなるということなのだ。支店長や法人部長とリレーションを築くためには、接待が手っ取り早いだろう。高級な料亭で接待をしたり、名門コースでゴルフ接待するのも有効な方法だ。

日ごろからこまめに連絡を取り、支店長や法人部長と強固なリレーションを築くようにするのが良いだろう。

まとめ

今回は、銀行から融資を引き出すためのあまり知られていないポイントについて説明した。銀行と聞くと堅苦しいイメージがあると思うが、実は非常に人間らしさがある組織である。また、融資の判断をするのは最後は人だ。人の判断になるので、いかに密なリレーションを取るかが非常に重要になるのだ。

文:渡辺 智(メガバンクに11年勤務。法人営業・個人営業に従事)

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

元メガバンク行員が語る、銀行にM&Aを相談するメリットは?

元メガバンク行員が語る、銀行にM&Aを相談するメリットは?

2021/11/24

M&Aの検討をする際、多くの方は取引銀行に相談をしようと考えているのではないだろうか? 取引銀行には経営状況について細かく相談している場合が多く、財務諸表など様々な資料を出している。今回はM&Aの相談を銀行にするメリットについて説明する。