コニシがたどったユニークな足跡

もともとコニシは『アサヒビール』をつくった会社として知られる。100年を超える老舗企業の1つで、1870(明治3)年の創業時は小西屋の屋号で薬種業を営んでいた。やがてどのような意図があったかは不明だが、洋酒や缶詰類の輸入販売を始めた。そして1884(明治17)年、『アサヒ印ビール』の製造を始める。それが現在のアサヒビールの前身となった。

そのコニシは大阪洋酒醸造会社を創立し、ビール・ブランデー・ウイスキー・アルコールなどの製造販売とともに、『赤門印葡萄酒』の製造販売を手掛けるようになった。

その後、問屋業務に専念し、また輸入アルコールを手がけるなかで、株式会社小西儀助商店に改組し、「アルコールの小西儀助」として名声を上げた。そのアルコール事業を進化・発展させて合成接着剤『ボンド』の販売を開始したのが、1952(昭和27)年のことである(同社ホームページより)。