え? なんであの会社がこの会社を買うの? この会社ってあのグループだったの?と思わず驚かずにはいられない、意外なM&Aがある。そんなディールを集めてみた。買収の狙い、そしてそこから見えてくるものとは…?

アサヒグループHD<2502>がカルピスを買収

 (買収金額 約1000億円、買収時期 2012年10月)

 アサヒグループホールディングス(以下、アサヒ)はカルピスを2012年10月に約1000億円で買収。アサヒは「スーパードライ」をはじめとするビール事業が中心ですが、消費者のビール離れや少子高齢化による国内市場の縮小を受け、ビール以外の事業にも注力しています。カルピスを買収することで、「三ツ矢サイダー」「ワンダ」などを展開している清涼飲料事業で新たなブランド獲得、業界内でのシェアアップが可能となります。

 また、アサヒとカルピスの両社で商品開発・原料調達・物流を行うことで、アサヒとしては、単なる業界内でのシェアアップだけではなく、相乗効果も期待しての買収となっています。(その2へ続く

まとめ:M&A Online編集部

【関連記事を読む】
● その2 mixi<2121>がチケットキャンプを買収
● その3 NTTドコモ<9437>が野菜宅配のらでぃっしゅぼーやを買収
● その4 ローソン<2651>が高級スーパーの成城石井を買収
● その5 セブン&アイHD<3382>がカタログ通販のニッセンを買収

【アサヒグループHDの記事を読む】
●アーカイブス【アサヒグループホールディングス】欧州ビール事業4社大型買収までの布石
●街中にみるM&A カルピスとアサヒの甘い関係