記事一覧

【専門家が答えるM&A相談】(第1回)そろそろ事業承継や相続のことを考えたほうがいい?

【専門家が答えるM&A相談】(第1回)そろそろ事業承継や相続のことを考えたほうがいい?

事業承継や相続の準備は早いにこしたことはありません。60代と言えば、いわばピークですが、見方を変えればその後は下るだけとも言えます。

記事を読む
【企業力分析】東芝 小さな粉飾・大きな騒動

【企業力分析】東芝 小さな粉飾・大きな騒動

東芝は、2015年3月期の決算発表が延期、15年9月7日に発表されるという事態になり、財務諸表は過去にさかのぼり訂正された。不適切会計で揺れる東芝を分析する。

記事を読む
【セコム】新事業が祖業を逆転のM&A、今後の勝算は?

【セコム】新事業が祖業を逆転のM&A、今後の勝算は?

創業し、現在も同業界の首位の座を守っているセコム。セキュリティーサービス事業の売上高構成比は、現在6割弱にまで減らしている。セコムのM&Aを見つめてみる。

記事を読む
保険に関するオーナー経営者の3つの勘違い

保険に関するオーナー経営者の3つの勘違い

損金算入できる生命保険をかけることで利益を圧縮し、支払う税金を減らしていると思い込んでいる会社は多くはないだろうか?

記事を読む
【SBSホールディングス】5年間で売上を8倍にした物流ベンチャーのM&A戦略とは?

【SBSホールディングス】5年間で売上を8倍にした物流ベンチャーのM&A戦略とは?

2015年で創業27年を迎えるSBSホールディングス。03年にM&Aに乗り出して以来、相次ぐM&Aで売上高は5年で8倍の1470億円を達成。業界上位5社入りを目標とするM&A戦略をたどる。

記事を読む
【M&Aインサイト】1 円ストック・オプションの意外なメリット

【M&Aインサイト】1 円ストック・オプションの意外なメリット

ストック・オプションの会計原則の変更が過去に行われ、2006 年5月1日以後にストック・オプションを発行する企業は、その付与時の公正な評価額を費用として損益計算書に計上することが義務付けられた。 専門家が解説する。

記事を読む
(後編)不適切会計と粉飾決算の違いとは?

(後編)不適切会計と粉飾決算の違いとは?

大企業で不祥事が相次いで発覚しているが、中小企業ではどうだろうか。M&Aを実行する際、事前に財務デュー・ディリジェンスを実施することで不正の抑止力となると専門家は指摘する。

記事を読む
オーナー経営者が死んだら会社や家族はどうなるの?

オーナー経営者が死んだら会社や家族はどうなるの?

オーナー経営者が死んだら、会社や家族はどうなるのでしょうか?オーナー経営者のお悩みをQ&A形式にて税理士の先生が回答します。

記事を読む
【サイバーエージェント】盤石なベンチャー企業の挑戦と変貌とは?

【サイバーエージェント】盤石なベンチャー企業の挑戦と変貌とは?

サイバーエージェントは、ブログサービス「Ameba」を主力事業とし、創業当初より「自らで事業を立ち上げ、自力で成長する」方針で事業拡大してきた。その成長戦略は?

記事を読む
【M&Aインサイト】株式買い取り請求権制度の利用

【M&Aインサイト】株式買い取り請求権制度の利用

合併や経営統合などの企業再編に反対した株主が、保有する株式を企業に買い取らせる「買い取り請求権」の行使が一般的になっている。専門家が株式買い取り請求権の行使手続きなどを解説。

記事を読む
(前編)不適切会計と粉飾決算の違いとは?

(前編)不適切会計と粉飾決算の違いとは?

東芝は、税引前利益の要修正額が累計でマイナス1518億円となる多額の不適切な会計処理が、2008年度から14年度まで、長期間行われていたと発表。「不適切会計」と「粉飾決算」の違いはなにか。公認会計士の新井康友氏がわかりやすく解説する。

記事を読む
失敗? 成功? 巨額損失を計上したM&A10選

失敗? 成功? 巨額損失を計上したM&A10選

M&Aを実行するときに失敗を想像する経営者はいないはず。しかし、買収時の想定に反して巨額損失の計上に追い込まれるM&Aは、いつの時代にも少なからず存在する。失敗から学ぶため、その一部を見てみよう。

記事を読む
【専門家が答えるM&A相談】IT企業を買収したい。特有の法務リスクはある?

【専門家が答えるM&A相談】IT企業を買収したい。特有の法務リスクはある?

当社の提案に組み込みたい営業支援関連のツールを提供しているIT企業を買収しようと考えています。法務的なリスクとして、どのような点に気を付けるべきですか?

記事を読む
今から始めたい事業承継対策とは?

今から始めたい事業承継対策とは?

国内企業の経営者の高齢化が進み、後継者問題がいっそう深刻になっている。経営者は後継者問題にどのように向き合っていけば良いのか、専門家に聞いた。

記事を読む
日本のM&A。その潮流を問う-早稲田大学・宮島英昭教授インタビュー(後編)

日本のM&A。その潮流を問う-早稲田大学・宮島英昭教授インタビュー(後編)

「日本のM&A。その潮流」(下)では、日本ならではのM&Aの特徴とその背景について伺う。日本と海外の雇用慣行の違いを発端とした、日本特有のM&A事情とは――宮島教授に問う。

記事を読む
M&Aを活用した事業承継、事業再生のポイント~中小企業の新たな成長機会へ~

M&Aを活用した事業承継、事業再生のポイント~中小企業の新たな成長機会へ~

日本の中小企業の多くは、オーナー経営者の高齢化などに伴う事業承継の課題に直面している。こうした中、最近注目されているのがM&Aを活用した事業承継、事業再生。事業再生やM&Aに詳しい松村正哲弁護士に聞いた。

記事を読む
【クックパッド】海外レシピ・サービス市場もM&Aで猛攻

【クックパッド】海外レシピ・サービス市場もM&Aで猛攻

2014年より世界の各言語圏でレシピ・サービスを買収し世界展開を本格化したクックパッド。国内最大級レシピ・サービスのM&A戦略と潤沢な現預金から生み出される次の一手は?

記事を読む
事業承継型M&Aのメリット

事業承継型M&Aのメリット

全体の半数以上の経営者が後継者問題に悩んでいる現在、後継者を育てるのは難しい。そんな中、後継者問題の選択肢として事業承継型M&Aがある。専門家に話を聞いた。

記事を読む
日本のM&A。その潮流を問う-早稲田大学・宮島英昭教授インタビュー(前編)

日本のM&A。その潮流を問う-早稲田大学・宮島英昭教授インタビュー(前編)

日本のM&Aにとって、一つの節目の年代だった1999年。99年以降、現在の3大メガバンクを中心とした大規模な銀行再編など、統合型のM&Aが多く行われ、自社株式を用いた買収が頻繁に行われた。近年の日本のM&Aを宮島教授に問う。

記事を読む
【専門家が答えるM&A相談】民事再生中の企業のスポンサーになりたい。どうすればいい?

【専門家が答えるM&A相談】民事再生中の企業のスポンサーになりたい。どうすればいい?

飲食店チェーンを経営しており、民事再生を目指すラーメン店チェーンがあれば、スポンサーになって割安に事業を譲渡してもらいたいと考えています。どうすればいいですか?

記事を読む
【M&Aインサイト】ドメスティック企業がIFRSを適用して得る5つのメリット

【M&Aインサイト】ドメスティック企業がIFRSを適用して得る5つのメリット

IFRSはグローバル企業のもの、日本のドメスティック企業には適していないと思われているが、実はさまざまなメリットがある。専門家ならではの子細な分析が読み解く。

記事を読む
【専門家が答えるM&A相談】買いたい企業に「未払い残業」の恐れ。どうする?

【専門家が答えるM&A相談】買いたい企業に「未払い残業」の恐れ。どうする?

自社に関連する販売代理店を買収することで合意しました。しかし、その会社には未払い残業代があることが最近判明しました。どのように対応すればよいのでしょうか。

記事を読む
【セブン&アイ・ホールディングス】国内最大級の小売業が次に繰り出すM&Aとは?

【セブン&アイ・ホールディングス】国内最大級の小売業が次に繰り出すM&Aとは?

国内では既に知名度・店舗数ともに十分であり、ほかのコンビニエンスストアチェーン本部をM&Aで取得する必然性は薄い。高級路線の百貨店や、認知度の高い専門店の獲得など、業態の多様性を志向したM&A戦略から、次の一手を探る。

記事を読む
【知っ得】高額な株の相続税対策は?

【知っ得】高額な株の相続税対策は?

相続は「早いうちに少しずつ」が節税の第一歩。そのポイントとは?

記事を読む
【質問】節税効果もある?「概算取得費」とは?

【質問】節税効果もある?「概算取得費」とは?

取得価額が分からないときに使う「概算取得費」とは?

記事を読む