月7桁稼ぐための営業と生活習慣

さてここからは、一気に話がとんで、月30万円で満足していた私の収入が一気に伸び、月7桁、つまり売上100万円を超えるようになります。

前回の記事はこちら

Webライターの仕事の本質

売上は基本的にすべて積み上げ式です。1,000円、2,000円、5,000円などの仕事を積み重ねていくこととなります。1文字1円で月30万円だったものが、文字単価が2円に上昇すると、そのまま収入は2倍の60万円に。5円になると150万円になります。とてもシンプルな話なのです。

では、どうやって、文字単価5円の仕事をたくさん受注するか、という話になります。ですがその前に、私が5年間この仕事を経験して、感じたことを書きます。

Webライターとは、基本的にワンコールワーカーのオンライン版と似ているところがあります。

いまコンテンツマーケティングが花盛りであり、多くのメディアが存在します。その数だけ、ライターの仕事も求められています。

なぜ増えているのか? たとえば、物販を考えてみます。いままでは、Amazonや楽天市場に出店するのがセオリーでした。集客力がバツグンで、多くの人が集まってくるからです。

しかし、それだといつまでもAmazonや楽天市場に依存することとなります。そして手数料を無限に取られると。それなら、自分でメディアを立ち上げて自力で集客し、商品やサービスを売ろうと考えるのは、自然な流れです。

その結果、新しいメディアが次々と立ち上がり、全体的にみると、オウンドメディアは増えているようです。よって、冒頭でみたように、書き仕事の引き合いが多くなり、連載だったりまとめて納品だったりと、記事の需要が大きいのです。

書き仕事に多い、低単価案件

ただし、メディア単体で見ると、運営はあまり儲かるものではありません。運営が儲かっていないから、記事にかけられる予算も小さくなり、それが低単価の仕事を生み出します。

しかし、私個人は、単価は下がるよりも上がる方向に進んでおり、より高度で自由に書ける案件が増えているのです。

自慢してもしょうがないので、どうやって月7桁に到達したのか、書いていきます。