2018年もいよいよ今日で終わり。今年、世界で最もダウンロード(DL)されたスマートフォン(スマホ)アプリは何だったか。ゲーム?音楽配信?それともフリマ(フリーマーケット)アプリ?

正解は「WhatsApp(ワッツアップ)」。アンドロイドとiOSで合計7億7900万件もダウンロードされたという。

LINEとは真逆!シンプルな操作性で人気を集める

ワッツアップは「LINE」のようなSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のメッセンジャーアプリで、日本でもダウンロードして利用はできるものの、知名度は今ひとつ。しかし、欧州な南米などでは高いシェアを持つ「メッセンジャーのスタンダード(標準)アプリ」だ。

日本では最もメジャーなメッセンジャーアプリのLINEと、基本的にできることは同じ。ただ、ワッツアップは機能がシンプルで、スマホの電話帳に登録している人が同アプリをインストールしていれば、アプリの発信先に自動登録される。LINEのような登録認証作業などは必要ない。

一方、LINEで楽しめるゲームや音楽ストリーミング、オンラインショッピングなどの付加機能は、ほとんどない。ワッツアップはエンターテインメント性を排除し、テキストメッセージや写真、動画の送受信、位置情報の共有などの通信機能に特化したミニマムなアプリといえる。

シンプルで簡単に使えるメッセンジャーアプリ「ワッツアップ」(同社ホームページより)

ワッツアップを開発したWhatsApp Incは、米Yahoo!出身のブライアン・アクトン氏とジャン・コウム氏が2009年に米カリフォルニア州サンタクララで創業。2014年に米フェイスブックが30億ドル相当の制限株式ユニット付与を加えた総額190億ドル(約2兆円)の巨額買収をしたことで、一躍有名になった。

ワッツアップは2016年2月にユーザー数が10億人を超えるなど、メッセンジャーアプリの「巨人」に育っている。その翌年の2017年にはダウンロード件数は9億2400万件に達し、世界で最もダウンロードされたアプリとなった。ダウンロード件数は頭打ちながら、2018年も世界最多ダウンロードアプリとなった。