ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

フェイスブックとLINEの命運を握る世界最多ダウンロードアプリとは?

alt
欧州では圧倒的シェアのメッセンジャー「WhatsApp」

「アジアで弱い」の汚名返上策が、実は次のステップアップ

フェイスブックはワッツアップのほかにも、本体の「フェイスブック」や「インスタグラム」といった人気アプリがあり、SNSでは圧倒的な影響力を持つ。ワッツアップもフェイスブックグループの成長を支える「優等生」ではあるが、フェイスブックやインスタグラムが高いシェアを持つアジアでは弱い。

「LINE PAY」の電子決済や「スタンプ」機能を実装してアジアでの普及を狙うワッツアップ(LINEホームページより)

ワッツアップもアジアでの普及を意識してか、2018年にLINE人気を押し上げたスタンプ機能を追加したほか、「LINE Pay」のような電子決済機能に対抗して、インドで「UPI」という銀行間送金サービスをワッツアップ上に実装した送金サービス「WhatsApp Payment」を始めている。

2019年にもワッツアップがダウンロード件数世界一をキープするには、アジアでの普及が欠かせない。フェイスブックはアジアでの展開を狙って、ワッツアップで送金できる独自の仮想通貨の開発にも乗り出しているという。これはインドをはじめ、全国的な個人や中小企業向けの金融サービスが整備されていないアジア諸国では大きな競争力になるだろう。

ワッツアップはサービス画面で広告を表示していない。かつては有料サービスだったが、2016年1月からは無料化されており、どのような形で収益を上げるのかが注目されていた。さらにフェイスブックには、その名も「メッセンジャー」というメッセンジャーアプリがあり、ワッツアップとの「共食い」も懸念されている。

ワッツアップが仮想通貨による電子決済アプリ化すれば、金融手数料という収入源を手に入れると同時に「メッセンジャー」との棲み分けもできる。まさに一石二鳥だ。ワッツアップのアジア戦略が成功すれば、「フェイスブック帝国」は世界金融の領域にまで拡大することになる。それを阻止できそうなのは今のところLINEだけだ。

来る2019年には、ワッツアップ=フェイスブックとLINEとの「一騎打ち」が、アジア市場で火花を散らすことになるかもしれない。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

リンクトインは「対GAFA」の個人情報規制をどう評価したか?

リンクトインは「対GAFA」の個人情報規制をどう評価したか?

2018/11/12

米GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)のデータ独占の脅威に対し、EUが一般データ保護規則(GDPR)を導入した。米国でもカリフォルニア州や連邦議会で規制の動きが出るなど、おひざ元でも「GAFA包囲網」が広がり始めている。