VTuberというコンテンツが、世界中で急速に広まりつつあります。「バーチャルYouTuber」の略語で、クリエイターがモーションキャプチャー技術を使い、3DアバターのYouTube動画を配信するというもの。火付け役はgumi<3903>が出資するActiv8株式会社の「キズナアイ」です。キズナアイは、米国向け訪日旅行促進アンバサダーに任命されるほどの人気者に成長しました。急速に市場を拡大するVTuber事業に大規模な投資を決めたのが、グリー<3632>。クリエイターとスタートアップ企業をインキュベートするためのファンドを40億円で立ち上げ、100%子会社「Wright Flyer Live Entertainment」も設立。今後1~2年で100億円規模の投資を見込むとしています。新たなプロモーションやコンテンツの萌芽となる、VTuberビジネスの将来性についてまとめました。

この記事では以下の情報が得られます。

  • ①各社VTuber事業の動き
  • ②市場規模、各キャラクターの月収など
Wright Flyer Live Entertainment
Wright Flyer Live Entertainment


チャンネル登録数170万人、想定月収は110万円

まずはYouTubeで稼ぐ仕組みから。

YouTubeは広告収入が主軸。1回の再生でおおよそ0.05~0.1円稼げるといわれています(諸説あります)。YouTuberは視聴者を引き付ける企画を立ち上げ、ファン化させてチャンネル登録数を増やします。それが動画の再生回数アップに結び付くという構図です。要するに、チャンネル登録数と再生回数を増やせばカネになるというわけです。データ処理や機械学習などを行うユーザーローカル<3984>は、YouTuberのランキングを発表しています。それによると、YouTuberトップのチャンネル登録数、動画再生回数、推定月収はこんな感じです。

チャンネル登録数総再生回数推定月収
はじめしゃちょー623万3469人49億154万回2350万円
HikakinTV594万3655人46億3603万回2420万円
Fischer's441万1861人44億1446万回4960万円
Yuka Kinoshita416万306人14億2494万回860万円
キッズライン390万6617人43億6907万回5540万円

2017年8月にYouTuberのマネジメントを行うUUUM<3990>がマザーズに上場しましたが、それも納得。2017年の市場規模は219億円で、前年比2.2倍に伸びています(CA Young Lab調べ)。ここから派生したVTuber市場の拡大と寡占化を狙うべく、各社がしのぎを削っているというわけです。現在、人気のVTuberはこんな感じです。

チャンネル登録数総再生回数推定月収
キズナアイ176万9301人1億896万回110万円
キズナアイ(ゲーム)76万5591人4028万回48万3000円
輝夜月(かぐやるな)64万6269人3538万回59万1000円
ミライアカリ55万8211人4201万回41万円
電脳少女YouTuberシロ43万8583人3615万回45万5000円