menu
Social media

ビジネス

「外国法人等株式保有比率」調査 1位は日本オラクルの87.2%

Cover bf80cdb0 3a7a 4a28 8b45 5fbdb9ce3458

2016年度決算3,062社 「外国法人等株式保有比率」調査

公開日付:2017.07.27

 2016年度決算(2016年4月期~2017年3月期)の上場企業3,062社の外国法人等株式保有比率は11.4%だった。調査を開始した2010年度(2010年4月期~2011年3月期)から、6年連続で上昇していることがわかった。
 業種別の外国法人等株式保有比率の最高は、電気・ガス業の16.7%(前年度17.7%)だった。次いで、金融・保険業の15.1%(同15.1%)、製造業の12.8%(同12.2%)、水産・農林・鉱業の12.6%(同11.9%)、不動産業11.6%(同11.8%)の順。最低は卸売業の8.5%(同8.3%)。
 外国法人等株式保有比率が10%未満は1,783社(構成比58.2%)で約6割を占めた。一方で、50.0%以上は35社(同1.1%)にとどまった。
 外国法人等株式保有比率の最高は、米国オラクル社の日本法人で東証1部上場の日本オラクル(株)の87.2%。次いで、リーバイ・ストラウスジャパン(株)の84.1%、(株)ユニバーサルエンターテインメントの79.2%が続く。
円安で上場企業の業績改善が進み、株価の割安感もあり、外資の株式保有が上昇したようだ。

※本調査は年度(4月期~3月期)決算を対象期間に、東証などすべての証券取引所に株式上場する企業で、2010年度から2016年度まで7期連続で比較可能な3,062社を対象(変則決算企業は除く)とした。
有価証券報告書で「株式等の状況」の所有者別状況(普通株式)の外国法人等を集計。
※業種分類は証券コード協議会の定めに準じた。

保有比率が6年連続で上昇

 2016年度の上場企業3,062社の外国法人等株式保有比率は11.4%だった。前年度より0.3ポイント上昇し、調査を開始した2010年度以降、毎年最高記録を更新している。
 2012年度後半、円高から円安に為替がシフトした結果、外国法人等株式保有比率は2012年度の8.5%から2013年度9.8%、2014年度10.8%と上昇。さらに業績改善が顕著となり、上場企業の外国法人等の株式保有比率は上昇を続けている。

保有比率別 10.0%未満が約6割

 上場企業3,062社の外国法人等株式保有比率は、10.0%未満が1,783社(構成比58.2%)と約6割を占めた。次いで、10.0%以上20.0%未満が610社(同19.9%)、20.0%以上30.0%未満が376社(同12.2%)、30.0%以上40.0%未満が179社(同5.8%)、40.0%以上50.0%未満が79社(同2.5%)と続く。50.0%以上60.0%未満は20社(同0.6%)、60.0%以上は15社(同0.4%)で、50.0%以上はわずか35社(同1.1%)だった。
 また、外国法人等株式保有比率がゼロも58社(同1.8%)にとどまった。

TSR

NEXT STORY

「企業のメインバンク」調査 金融グループ1位は三菱UFJ FGに

「企業のメインバンク」調査 金融グループ1位は三菱UFJ FGに

東京商工リサーチ調べによると、国内の約150万社のメインバンクは、金融グループでは三菱UFJフィナンシャル・グループがシェア8.2%でトップ、個別行でも三菱東京UFJ銀行がトップを守る結果となった。大都市圏は大手行が優位を維持するものの、地方では地方銀行のシェアが圧倒し、信用金庫も都道府県内シェアの上位にランクインが目立った。


注目の記事

Thumb 6e2b0894 dddf 48d6 9c6c 95c785840927

東芝劇場~衝撃の結末は?

過年度決算訂正が終わったかと思ったら、減損問題で揺れる東芝ですが、現在進行形の劇場型で事件が進展しています。会計の専門家でも難しい内容をできる限り平易に解説したいと思います。少し長いですがお付き合いください。

Thumb 57a93bea e21c 4c0f a662 2157dcad9265
Thumb ffcb40ef b290 43bc b082 0eaad1cc55bf
Thumb a089c712 ccf0 47a5 aae6 fa3d5cfe198d