menu
Social media

ビジネス

「外国法人等株式保有比率」調査 1位は日本オラクルの87.2%

Cover bf80cdb0 3a7a 4a28 8b45 5fbdb9ce3458

2016年度決算3,062社 「外国法人等株式保有比率」調査

公開日付:2017.07.27

 2016年度決算(2016年4月期~2017年3月期)の上場企業3,062社の外国法人等株式保有比率は11.4%だった。調査を開始した2010年度(2010年4月期~2011年3月期)から、6年連続で上昇していることがわかった。
 業種別の外国法人等株式保有比率の最高は、電気・ガス業の16.7%(前年度17.7%)だった。次いで、金融・保険業の15.1%(同15.1%)、製造業の12.8%(同12.2%)、水産・農林・鉱業の12.6%(同11.9%)、不動産業11.6%(同11.8%)の順。最低は卸売業の8.5%(同8.3%)。
 外国法人等株式保有比率が10%未満は1,783社(構成比58.2%)で約6割を占めた。一方で、50.0%以上は35社(同1.1%)にとどまった。
 外国法人等株式保有比率の最高は、米国オラクル社の日本法人で東証1部上場の日本オラクル(株)の87.2%。次いで、リーバイ・ストラウスジャパン(株)の84.1%、(株)ユニバーサルエンターテインメントの79.2%が続く。
円安で上場企業の業績改善が進み、株価の割安感もあり、外資の株式保有が上昇したようだ。

※本調査は年度(4月期~3月期)決算を対象期間に、東証などすべての証券取引所に株式上場する企業で、2010年度から2016年度まで7期連続で比較可能な3,062社を対象(変則決算企業は除く)とした。
有価証券報告書で「株式等の状況」の所有者別状況(普通株式)の外国法人等を集計。
※業種分類は証券コード協議会の定めに準じた。

保有比率が6年連続で上昇

 2016年度の上場企業3,062社の外国法人等株式保有比率は11.4%だった。前年度より0.3ポイント上昇し、調査を開始した2010年度以降、毎年最高記録を更新している。
 2012年度後半、円高から円安に為替がシフトした結果、外国法人等株式保有比率は2012年度の8.5%から2013年度9.8%、2014年度10.8%と上昇。さらに業績改善が顕著となり、上場企業の外国法人等の株式保有比率は上昇を続けている。

保有比率別 10.0%未満が約6割

 上場企業3,062社の外国法人等株式保有比率は、10.0%未満が1,783社(構成比58.2%)と約6割を占めた。次いで、10.0%以上20.0%未満が610社(同19.9%)、20.0%以上30.0%未満が376社(同12.2%)、30.0%以上40.0%未満が179社(同5.8%)、40.0%以上50.0%未満が79社(同2.5%)と続く。50.0%以上60.0%未満は20社(同0.6%)、60.0%以上は15社(同0.4%)で、50.0%以上はわずか35社(同1.1%)だった。
 また、外国法人等株式保有比率がゼロも58社(同1.8%)にとどまった。

TSR

NEXT STORY

「企業のメインバンク」調査 金融グループ1位は三菱UFJ FGに

「企業のメインバンク」調査 金融グループ1位は三菱UFJ FGに

東京商工リサーチ調べによると、国内の約150万社のメインバンクは、金融グループでは三菱UFJフィナンシャル・グループがシェア8.2%でトップ、個別行でも三菱東京UFJ銀行がトップを守る結果となった。大都市圏は大手行が優位を維持するものの、地方では地方銀行のシェアが圧倒し、信用金庫も都道府県内シェアの上位にランクインが目立った。


注目の記事

Thumb ea53dea8 87a4 4d4c b99c 6cbf3f39d559

500円ピザのナポリスが、遠藤商事倒産の業火から不死鳥の如く蘇った件

500円で本格ピザが食べられるお店「ナポリス」を運営していた飲食ベンチャー遠藤商事が、今年4月に倒産。「ナポリス」の存続が危ぶまれましたが、10月に新体制の下、再スタートをきりました。500円ピザの「ナポリス」に何が起きて、今後どうなるのか。その詳細について説明します。

Thumb 30bba576 7cac 4115 bad8 0c395f26861f
Thumb b243ff45 3f0c 4274 91c3 555b1c09704f
Thumb aab5828a 4508 4f87 9de8 fbb6c17f616d