ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

シルチェスターが日本株の売買を活発化

alt

英国ロンドンに本社を構える投資運用会社のシルチェスター・インターナショナル・インベスターズ・エルエルピーが、日本企業の株式売買を活発化させている。

2018年1月~8月30日までに提出した大量保有報告書は40件に達しており、このペースは年間60件に相当する。

2017年に提出した大量保有報告書は49件、2016年は28件といった具合で、2011年からの7年間の平均は35件にとどまっていたため、8カ月で平均値を上回った計算になる。

提出した大量保有報告書の内訳(表1)をみると、新たに投資した企業が3社、保有割合を上げた企業が13社、保有割合を下げた企業が24社。完全に売却した企業は無かった。

(表1)保有割合、増減は%

この表からは保有する企業数は増えているものの、総じて売り姿勢を強めていることがうかがわれる。では、シルチェスター・インターナショナル・インベスターズ・エルエルピーとは、これまで日本でどのような投資をしてきたのか。

日本での投資については2011年以降285件の大量所有報告書を提出しており、このうち完全に株式を手放したのは1社だけで、他は長期に保有している。 

現時点での株式を保有している企業は49社(上場廃止企業を除く、表2)。保有割合が最も高いのが日本梱包運輸倉庫の19.59%で、住友大阪セメントの18.05%、リョーサンの17.0%と続く。 

保有割合が5%を超えるのは27社で、5%を切っているのは22社となっており、これまでの累計では大量保有報告書を提出した以降は、買い増しの方が若干多いことが分かる。

(表2)保有割合は%

業種別(表3)にみると建設業が最も多く、7社の株式を保有しており、銀行の6社、卸売業の6社と続く。陸運、非鉄金属、鉄鋼、倉庫・運輸、食品、金属製品、硝子土石製品、医薬といった業界への関心はあまり高くなさそうだ。

(表3)保有割合は%

では日本でこうした投資を行っているシルチェスター・インターナショナル・インベスターズ・エルエルピーとはどのような企業なのか。

NEXT STORY

スティーブ・ジョブスに学べ!大塚久美子社長への「転身の勧め」

スティーブ・ジョブスに学べ!大塚久美子社長への「転身の勧め」

2018/08/24

大塚家具の委任状争奪戦で久美子社長を支持した投資ファンドが、保有する大塚家具株を売却していたことが明らかとなった。もはや久美子社長の辞任は秒読み状態に。だが久美子社長が経営者として「復活」する方法はある。それはアップルの創業者に学ぶことだ。