細田 聖子 (ほそだ・せいこ)

経歴:2012年、公認会計士登録。2016年、税理士登録。1999年から2000年まで香港留学。2003年より中国勤務開始。中国の大学で日本語教師、大連で日本語トレーナー、上海でコンサルティング会社勤務。2010年、公認会計士試験 論文式試験合格。2012年より、再び中国に戻り、深センの会計事務所、香港のコンサルティング会社を経て、再び上海勤務となるも、2015年、乳がん告知により帰国。2018年4月まで、治療を続けながら大阪の税理士法人に所属。2018年5月、独立。フリーランスのライターとして執筆活動、中国語を生かしたインバウンド関連業務等に従事。

学歴:広島大学学校教育学部卒業、島根県立松江北高等学校卒業

保有資格:公認会計士・税理士、第一種教員免許、日本語教師免許

最新の記事

信用が価値を生み出す時代|公認会計士になるための勉強法(最終回)

信用が価値を生み出す時代|公認会計士になるための勉強法(最終回)

公認会計士試験・受験生に向けてのメッセージ。最終回となる今回は、公認会計士に”なって”よかったことをお話します。

記事を読む
会計士受験をして一番よかったこと|公認会計士になるための勉強法(14)

会計士受験をして一番よかったこと|公認会計士になるための勉強法(14)

会計士試験の勉強で一番の収穫は、どんな分野のビジネス書でも読めるようになったこと、社会経済に興味を持つようになったことである。

記事を読む
試験勉強は孤独との闘いである|公認会計士になるための勉強法(13)

試験勉強は孤独との闘いである|公認会計士になるための勉強法(13)

公認会計士の受験勉強は長い。今回は「自分との闘い」に対する対処法を語る。

記事を読む
意外と大事!合格するための「精神論」|公認会計士になるための勉強法(12)

意外と大事!合格するための「精神論」|公認会計士になるための勉強法(12)

31歳で働きながら公認会計士を目指した筆者の独断と偏見による試験合格に役立つ勉強法を連載形式でお届け。今回は精神論のアドバイスを。

記事を読む
 論文式試験「選択科目」の勉強法|公認会計士になるための勉強法(11)

論文式試験「選択科目」の勉強法|公認会計士になるための勉強法(11)

31歳で働きながら公認会計士を目指した筆者の独断と偏見による試験合格に役立つ勉強法を連載形式でお届け。今回は論文式選択科目(経営学、経済学、民法、統計学)​の勉強法についてアドバイスする

記事を読む
科目別勉強法(租税法)|公認会計士になるための勉強法(10)

科目別勉強法(租税法)|公認会計士になるための勉強法(10)

31歳で働きながら公認会計士を目指した筆者の独断と偏見による試験合格に役立つ勉強法を連載形式でお届け。今回は論文式科目の「租税法」についてアドバイスする。

記事を読む
科目別勉強法(企業法)|公認会計士になるための勉強法(9)

科目別勉強法(企業法)|公認会計士になるための勉強法(9)

31歳で働きながら公認会計士を目指した筆者の独断と偏見による試験合格に役立つ勉強法を連載形式でお届け。今回は「企業法」の勉強法をアドバイスする。

記事を読む
科目別勉強法(監査論)|公認会計士になるための勉強法(8)

科目別勉強法(監査論)|公認会計士になるための勉強法(8)

31歳で働きながら公認会計士を目指した筆者の独断と偏見による試験合格に役立つ勉強法を連載形式でお届け。今回は筆者の得意科目だった「監査論」の勉強法をアドバイスする。

記事を読む
科目別勉強法 財務会計論(管理会計)|公認会計士になるための勉強法(7)

科目別勉強法 財務会計論(管理会計)|公認会計士になるための勉強法(7)

31歳で働きながら公認会計士を目指した筆者の独断と偏見による試験合格に役立つ勉強法を連載形式でお届け。今回は筆者が苦手としていた「管理会計」の勉強法をアドバイスする。

記事を読む
科目別勉強法 財務会計論(会計学)|公認会計士になるための勉強法(6)

科目別勉強法 財務会計論(会計学)|公認会計士になるための勉強法(6)

31歳で働きながら公認会計士を目指した筆者の独断と偏見による試験合格に役立つ勉強法を連載形式でお届け。今回は基礎科目の「財務会計論(会計学)」の勉強法をアドバイスする。

記事を読む
企業価値のアプローチと評価手法(最終回)まとめ

企業価値のアプローチと評価手法(最終回)まとめ

これまで計10回にわたり、様々な企業価値の評価手法について数値例を用いて解説してきた。最終回の本稿では、それぞれの評価法についておさらいする。

記事を読む
直前期は、毎日全ての科目を回せ|公認会計士になるための勉強法(5)

直前期は、毎日全ての科目を回せ|公認会計士になるための勉強法(5)

総合力が問われる会計士試験では、苦手科目を作らないことが合格までの最短の方法である。では、どのような勉強時間の時間管理(タイムマネジメント)が有効だろうか。

記事を読む
短答式と論文式は、全く別の試験|公認会計士になるための勉強法4

短答式と論文式は、全く別の試験|公認会計士になるための勉強法4

今回は、公認会計士試験の攻略法をみていく。現行の会計士試験には、「短答式試験」と「論文式試験」があるが、合格するには同じアプローチではだめだ。

記事を読む
簿価・時価純資産法|企業価値のアプローチと評価手法(10)

簿価・時価純資産法|企業価値のアプローチと評価手法(10)

今回は、会社の純資産を基準に評価するネットアセットアプローチの手法である「簿価純資産法」と「時価純資産法」の計算方法をご紹介する。

記事を読む
独学か通学か、仕事を辞めるべき?|公認会計士になるための勉強法3

独学か通学か、仕事を辞めるべき?|公認会計士になるための勉強法3

最終合格までの過程はひとつではない。何年で会計士を目指すのか、仕事と並行かあるいは辞めて挑むのか、受験予備校には通うのか、など選択肢はさまざまである。

記事を読む
意外だが、総合力が問われる試験だった!|公認会計士になるための勉強法2

意外だが、総合力が問われる試験だった!|公認会計士になるための勉強法2

31歳で働きながら公認会計士を目指した筆者の独断と偏見による試験合格に役立つ勉強法を連載形式でお届けする。公認会計士に合格するには、全ての科目でまんべんなく得点できることが必要であり、総合力が問われる。

記事を読む
配当還元法|企業価値のアプローチと評価手法(9)

配当還元法|企業価値のアプローチと評価手法(9)

今回は、株主への直接的な現金支払いである「配当金」にもとづいて株主価値を評価する「配当還元法」の計算例を紹介する。

記事を読む
残余利益法その2|企業価値のアプローチと評価手法(8)

残余利益法その2|企業価値のアプローチと評価手法(8)

残余利益法は、調整現在価値法と同じように「事業価値を計算し株主価値を出す」方法と、株主価値を「直接計算する」方法がある。今回は、株主価値を直接計算する方法についてみていきたい。

記事を読む
働きながら会計士になるには|公認会計士になるための勉強法1

働きながら会計士になるには|公認会計士になるための勉強法1

31歳で働きながら公認会計士を目指した筆者の独断と偏見による勉強法をご紹介しよう。まずは受験科目のさわりから。公認会計士の仕事と関連のある受験科目をまとめた。

記事を読む
残余利益法(RIM)とは?|企業価値のアプローチと評価手法(7)

残余利益法(RIM)とは?|企業価値のアプローチと評価手法(7)

今回はインカムアプローチの収益還元法に属する残余利益法について解説する。残余利益法では「事業価値を計算し株主価値を出す」方法と、株主価値を「直接計算する」方法がある。

記事を読む
調整現在価値法(APV)とは?|企業価値のアプローチと評価手法(6)

調整現在価値法(APV)とは?|企業価値のアプローチと評価手法(6)

連載6回目の今回は、企業の資本構成が大きく変化する場合や税率の変更が予想される場合に用いられる「調整現在価値法」について紹介する。

記事を読む
フリー・キャッシュ・フロー(FCF)法|企業価値のアプローチと評価手法(5)

フリー・キャッシュ・フロー(FCF)法|企業価値のアプローチと評価手法(5)

「フリー・キャッシュ・フロー(FCF)法」の計算では対象会社ごとに異なる割引率を用いる。会社によって期待される収益率が異なるからだ。今回はFCF法で株主価値を求めてみよう。

記事を読む
インカム・アプローチとは?|企業価値のアプローチと評価手法(4)

インカム・アプローチとは?|企業価値のアプローチと評価手法(4)

会社を買収する際、対象会社の買収金額はどう決まるのだろうか? 連載第4回はインカム・アプローチの概要とその考え方について解説する。

記事を読む
「類似取引法」と「取引事例法」| 企業価値のアプローチと評価手法(3)

「類似取引法」と「取引事例法」| 企業価値のアプローチと評価手法(3)

会社を買収する際、対象会社の買収金額はどう決まるのだろうか?連載第3回は、非上場企業向けに使用する「類似取引法」と「取引事例法」について、実際に計算しながら理解を深めたい。

記事を読む
類似上場会社法|企業価値のアプローチと評価手法(2)

類似上場会社法|企業価値のアプローチと評価手法(2)

会社を買収する際、対象会社の買収金額はどう決まるのだろうか?連載第2回は、マーケット・アプローチの代表的な評価手法である「類似上場会社法」について、実際に計算しながら理解を深めたい。

記事を読む