◇2期連続の最終赤字

  2018年2月期は主要ブランドの「Samantha Thavasa(サマンサタバサ)」のリブランディングを進めた。だが、生産や納品の遅れに加えて店舗再編などの影響で、売上高(連結)は321億5,830万円(前期比9.3%減)に沈んだ。
 利益面は、人件費などを抑制したが、リブランディングに伴う先行投資や事業再編による特別損失32億5,747万円を計上し、最終損益(親会社株主に帰属する当期純利益)は36億6,939万円の赤字となった。
 現預金は18億2,774万円減の25億6,403万円と大幅に減少し、連結キャッシュフローは営業、投資、財務活動のいずれもマイナスとなった。 

◇2019年2月期は減収も黒字転換を見込む

  2019年2月期(連結)の業績予想は、売上高274億9,700万円と前期比46億6,100万円減の大幅減収を見込んでいる。上半期(3-8月)に約400店舗のうち、約1割の低採算店舗を閉鎖する予定だ。
 足を引っ張っていた物流体制は、秋には健全になるように進め、人件費や家賃などの抑制効果で最終損益は1億1,700万円と3期ぶりの黒字を目指す。

 寺田社長は「リブランディングして原点に戻り、生産性と成果にこだわる」と今後の展望を語った。カンパニー制の導入による経費削減や、9月末までに社長自ら1,500名のスタッフと面談し、モチベーションの組み直し策も講じる。
 競争が激化するアパレル業界。回復は容易でないだけに、ブランドの再構築が業績浮上の鍵になっている。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年4月24日号掲載予定「Weekly Topics」を再編集)

東京商工リサーチ「データを読む」より