アウトドアとペット、アウトドアと日本酒のコラボが6月後半にスタートする。アウトドア用品メーカーのスノーピーク<7816>は6月21日に、総合ペット専門店のイオンペット(千葉県)と共同で東京都港区のアクアシティに「スノーピークストアPETEMOアクアシティお台場店」をオープンする。 

ペットと揃いで着られるTシャツも

スノーピーク初となる「愛犬と一緒に楽しむアウトドア」をコンセプトとした店舗で、オープンに合わせペットと揃いで着られるTシャツ(ドッグウエア)を発売するほか、スノーピークのペット向け製品や約600アイテムのキャンプ用品、アパレルを展示する。 

スノーピークのドッグウエア(リリースより)

今後、全国のイオンペット内にスノーピークストアの出店を進めていくほか、愛犬と参加できるアウトドアイベントの開催や、ペットと一緒に楽しむことをコンセプトとしたキャンプ場開発などにも取り組む。 

スノーピークは2006年からリードなどのドッグ用品の販売を行っているほか、全国6カ所の直営キャンプ場はすべて犬との同伴を可能としていた。 

イオンペットは全国の200店舗以上で、動物病院やトリミングサロン、ペットホテル、フードや用品の販売などを手がけており、約170人の獣医師、360人の動物看護師、870人のトリマーを抱える。 

自然の中で生原酒を味わう

日本盛(兵庫県西宮市)は「日本盛 生原酒200mlボトル缶mont-bellデザインボトル」を2019年6月下旬に発売する。 

日本盛のmont-bellデザインボトル(リリースより)

日本盛 生原酒200mlボトル缶は2015年に開発した商品で、バーベキューやキャンプ、花見、花火大会などで飲まれてきた実績がある。同社ではさらにアウトドアシーンでの飲用拡大を狙いに、アウトドア総合メーカーのモンベルとタイアップし、モンベルデザインボトルを発売することにした。 

モンベルは1975年の創業以来、機能美や軽量、迅速などをコンセプトに商品開発を行っており、近年は「野点セット」や「野筆」などの日本の文化をアウトドアで楽しめる商品開発なども行っている。日本酒とアルミボトル缶がモンベルの商品開発のコンセプトにも合致することからタイアップにつながった。 

アルミボトル缶は簡単にキャップを締めなおすことができるため、飲みたい時に飲みたい分だけ飲むことができるほか、軽量で破損しにくいという特徴がある。さらに、遮光性やガスバリア性に優れているため、デリケートな酒質である生原酒の品質保持が可能という。 

キャンプ場でペットとともにゆったりした雰囲気の中でモンベルラベルの生原酒を楽しむのは、どんな気分であろうか。

文:M&A online編集部