ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

​注目集める! 「ベトナム・オフショア開発」のコツ

alt

パートナーという視点と「ブリッジSE」の重要性

他のIT企業でも、ベトナムでのオフショア開発に関心を寄せるところは多い。実際に大手・上場企業ではM&Aによってベトナムの現地企業を買収するケースもある。

そのベトナムの良さを一言で示すと、「親日的であり、国民性が日本に似ている」ということ。

「少し時間にルーズな面は感じますが、基本は勤勉で真面目。向学心もあり、小型案件でも誠意をもって取り組んでくれるので、パートナーとしての取り組みやすさを実感しています。ただ、日本同様にベトナムでもIT技術者は引く手あまたで、より給料の高い会社があると、そこに自分の仲間と一緒に移ってしまうことがないわけではありません。将来的にキャリアをつくっていく大切さも、日本人ほどは感じていない。アメリカをはじめ日本以外の外資系の会社ほど高い給料は出せないのが現実ですから、当社のラボで働き続けるメリットをどう感じてもらえるか、ですね。ベトナムのラボ内、また日本の会社との交流・コミュニケーションが重要になります」(海野氏)

そこで、同社では自社でのオフショア開発の試行錯誤を経て、2017年、ベトナムに新たにオフショアラボ拠点として、IDSの100%出資の子会社(IDS Vietnam Co., Ltd、https://vn.ids.jp/jp)を設立し、日本人の社長を据えるとともに、現地ベトナム人スタッフへの日本語・文化の教育も積極的に進めた。日常会話ができ、技術の知識も十分にあるエンジニアは「ブリッジSE」として、プロジェクト遂行のために、ベトナム人メンバーをとりまとめ、日本のクライアントとの橋渡し役として活躍している。

日本法人を通じたラボ契約も重要な要素

IDS Vietnam Co., Ltdのオフィス

同社ではいま、その「ベトナムでのオフショア開発」の手法を整備・カスタマイズして、自社のビジネスとして進めている。『スマラボ』(と呼ばれるそのサービスには、従来のオフショアとは異なる特徴がある。

従来のオフショアでは、日本の担当者が現地のSE(ブリッジSE)に業務を直接依頼し、ブリッジSEが現地のプロジェクトチームを動かして、日本の担当者が成果物の納品を受けることが一般的だった。すると、そのラボ契約は現地法人との直接契約であり、プロジェクトの管理、ラボチームの工数管理などはすべて業務を依頼した顧客側で対応することになる。支払いもドル、もしくはベトナムだとドンになる。

一方、『スマラボ』ではベトナムに拠点を置く日本法人との契約となる。ブリッジSEと現地プロジェクトチームによる業務の流れは同じだとしても、現地ラボのコミュニケーション支援や教育、モチベーション管理を含めたプロジェクト管理支援などは、現地の日本人マネージャーが行う。そのため、プロジェクト要件に応じた柔軟な体制の構築が可能となる。ちなみに、決済も日本法人との契約であるため円で行うことができる。

業務提携、オフショア、M&Aなど、規模の大小や手法を問わず、一口に海外拠点を設けるといっても、そこにはさまざまなリスクがともなう。システム設計などのプロジェクトを行う研究開発型の企業の場合も同様だ。『スマラボ』は、そうしたプロジェクトリスクが最小化できる仕組みといえる。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【意外な子会社】ヤフーが予約サイトの一休をTOB(2015年)

【意外な子会社】ヤフーが予約サイトの一休をTOB(2015年)

2017-05-11

前回に続き、IT業界を牽引するヤフーにスポットを当てる。ヤフーは2015年に高級ホテル予約サイトの一休を買収した。

今日は何の日?M&Aカレンダー