平凡な主婦が横領犯に 乾きが誘う転落への道|『紙の月』

alt

後を絶たない横領事件

今年6月、日本郵便は元局員が6億7000万円分の切手横領の疑いがあると発表した。先月には東レ<3402>の元社員が2億5000万円を着服して逮捕されたとの報道があった。

今年に限らず、従業員が勤務先から着服する横領事件は後を絶たない。今回は、銀行で働く平凡な主婦が、ふとしたきっかけで横領に手を染め転落していく様を描いた映画『紙の月』を紹介する。

『紙の月』は、2012年に出版された角田光代の同名小説を『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が、独特の視点で再構成した意欲作である。

『神の月』のあらすじ

バブルがはじけた1994年、梅澤梨花(宮沢りえ)は契約社員としてわかば銀行の渉外担当として働いていた。上客である平林孝三(石橋蓮司)から肉体関係への誘いを匂わされるようなセクハラを受け、顧客で痴呆気味の名護たまえ(中原ひとみ)に振り回される日々。それでも梨花は真摯に業務に取り組み、行内で高い評価を受けていた。しかし私生活では、共働きの夫・正文(田辺誠一)に軽く扱われ、やり場のない失望感に苛まれていた。

ある晩、梨花は銀行の送別会の帰りに孝三の孫で大学生の光太(池松壮亮)と再会する。光太は、梨花が孝三から迫られた際に助け船を出し、それ以来梨花に興味を持っていた。梨花が降りる駅で何度も待ち伏せする光太。やがて梨花も年の離れた光太に心を許すようになり、恋仲になっていく。

梨花はある日、客から預かった金から1万円を借りたことを機に、客の金に手をつけることに抵抗を失っていく。光太の学費を出すために、孝三から預かった定期預金の金200万円を横領したことで歯止めを失った梨花は、さらに多くの顧客から多額の金を横領し、光太との逢瀬に費やしていくのだった。

一方、支店の古株窓口社員である隅より子(小林聡美)は、バブル期に跳ね上がった給与額を理由に、本店庶務課への異動を打診されていた。窓口業務に誇りを持ち、頑として異動を受け入れないより子は、ある日梨花が定期預金証書をファイリングしている姿を見かける。本来窓口が担当する業務をおこなう梨花を見たより子は、梨花の不審な行動に疑問を持ちはじめる・・・。

以下、ネタバレを含みます

NEXT STORY

【ドイツ銀行】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ<5>

【ドイツ銀行】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ<5>

2018/03/24

ドイツ銀行は1870年にベルリンで創業し、現在は世界中の主要な国や地域で事業を展開しています。日本ではドイツ銀行東京支店のほかにドイチェ・アセット・マネジメント、ドイチェ信託、ドイツ証券の主要4法人があり、大型M&Aなども手がけています。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5