裏社会で生きる会計士が巨大企業の不正に裁きを下す『ザ・コンサルタント』

alt

『ザ・コンサルタント』は、裏社会で生きる会計士が巨大企業の不正に裁きを下すダークヒーローアクション。自閉症スペクトラム障害を持つ会計士・ウルフを、ベン・アフレックが“無表情に”熱演する。情け容赦なく裁きを下すアクションシーンはもちろんのこと、複雑に絡み合う人間関係が徐々に紐解かれるヒューマンサスペンスとしても十分に楽しめる。

『ザ・コンサルタント』のあらすじ紹介

シカゴ近郊の片田舎で会計事務所を営むクリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)の真の顔は、裏社会でマネー・ロンダリングを請け負う会計士兼ヒットマン(殺し屋)。パートナーから「たまには合法的な仕事も」と勧められ請け負った仕事は、大企業であるリビング・ロボティクス社の財務調査だった。

ロボティクス社は、経理を担当するデイナ・カミングス(アナ・ケンドリック)が不正を発見したことから、ウルフへ調査を依頼する。ロボティクス社のCFOであるエド・チルトン(アンディ・アンバーガー)と姉のリタ・ブラックバーン(ジーン・スマート)は不正の存在に懐疑的だったが、デイナが用意した15年分の膨大な資料から、ウルフはわずか一晩で不正の証拠をつかむ。

デイナが発見した不正の正体は、社長のラマーが姉のリタ、旧友のエドと共に行った株価操作のための循環取引だった。ラマーらはデイナの不正発見の報告を放置するわけにはいかず、表向きの対処としてウルフを雇ったのだった。ところがウルフの卓越した調査能力により不正の内容が明らかにされ、計画が破綻していく。

ウルフが資料を調査していたある晩、エドの家に複数の男たちが来訪していた。彼らのリーダーであるブラクストン(ジョン・バーンサル)は、エドの妻を人質に自殺を要求。翌朝、ロボティクス社の社長であるラマー・ブラックバーン(ジョン・リスゴー)は、ウルフにエドの死と調査の中止を告げる。

仕事を中断されたウルフが射撃のトレーニングに勤しんでいる最中、2人の男がウルフを襲撃する。彼らはウルフを”ただの会計士”と見ていたが、事もなげに彼らを撃退してしまう。実はウルフは幼少期に元軍人である父からたたき込まれた戦闘技術と天才的頭脳を武器に、裏社会を生き延びるヒットマンでもあった。ウルフは襲撃者からデイナの命も狙われていることを聞き出すと、急ぎデイナを救出に向かう・・・。

もう一つの裏テーマ

本作には、主人公のウルフが高機能自閉症であるという裏テーマがある。これが単なるアクション映画で終わらず、作品に深みをもたせている。

残念ながら今でもアスペルガー症候群や自閉症スペクトラムといった発達障害が異物扱いされるケースは少なくない。その一方で特徴を理解し、優れた能力を活かす環境を整えようとする動きもある。

ウルフが幼少期に訪れた発達障害支援施設(ハーバー神経学研究所)の所長が自閉症の息子を持つ両親へ「息子さんは劣っていない。人と違うだけです」と語り、子どもの可能性を信じるよう諭すシーンがある。

発達障害が「コミュニケーションが取れない存在」として扱われがちだが、本作を通じ、彼らは「運動が苦手」「勉強が苦手」などと同様に、異なる個性の持ち主であり、一人の人間として「対等の存在である」という認識が広がることを願ってやまない。

さて、不正をラルフに問い詰められたラマーは、「新技術への投資資金獲得のためだった」と語る。ロボティクス社は義手や義足を求める人々のために循環取引を行ったと自らの正義を語る。ラルフもまたハーバー神経学研究所を資金援助するため、巨額な報酬と引き換えに裏の仕事を請け負っているのだった。

映画のラスト、デイナのもとに『ポーカーをする犬(Dogs Playing Poker)』が送られてくる。アメリカの画家・クーリッジが描いた実在する油絵で、アメリカの文化をご存じの方であれば反応するシーンだろう。ウルフがデイナに向けて「何も分っちゃいない」と発したメッセージにも思えるのだが、いかがだろうか。

文:M&A Online編集部

<作品データ>
ザ・コンサルタント(原題:The Accountant)
2016年・アメリカ・128分

ザ・コンサルタント

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【中小企業のM&A】弁護士・会計士・税理士など「専門家」の役割とは

【中小企業のM&A】弁護士・会計士・税理士など「専門家」の役割とは

2019/07/23

M&Aや事業承継には様々な課題や関門がある。今回は、M&Aや事業承継を実行する際に登場する「専門家」の役割について説明したい。