前作を超える興行収入となるか

2014年に公開され、国内興行収入83.3億円の大ヒットを記録した『STAND BY MEドラえもん』。『ALWAYS三丁目の夕日』『永遠の0』の山崎貴と『friendsもののけ島のナキ』の八木竜一が共同監督として名を連ね、原作シリーズの鉄板エピソードを再構築したことで、興行収入もさることながら、大人も涙する「ドラ泣き」が話題を呼びました。

そんな前作から6年ぶりの続編にしてドラえもん生誕50周年記念作品として、本日公開(11月20日)されたのが『STAND BY MEドラえもん 2』です。

●歴代のドラえもんシリーズ(映画)国内興行収入ランキング

順位タイトル(公表年)興行収入
1『STAND BY ME ドラえもん』(2014年)83.8億円 
2『ドラえもん のび太の宝島』(2018年)53.7億円
3『ドラえもん のび太の月面探査記』(2019年)50.2億円
4『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』(2017年)44.3億円
5『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』(2016年)41.2億円

(一社)日本映画製作者連盟「日本映画産業統計」よりM&A Online編集部作成

前作では”のび太の結婚前夜”と”さよならドラえもん”のエピソードが再構築されましたが、今回も号泣必死の鉄板エピソード“おばあちゃんの思い出”編を中心に結婚前夜の続きも描いてます。

前作の秦基博による主題歌『ひまわりの約束』が大ヒットを記録しましたが、今回の主題歌は俳優でありアーティストとしても活躍が目覚ましい菅田将暉の『虹』が起用されました。

本作のあらすじ紹介

ドラえもんとのび太が一緒にいるのが日常になった<現在>のある日、のび太は部屋でくまのぬいぐるみを見つける。それは幼稚園の頃に亡くなってしまったおばあちゃんが繕ってくれた、大切な思い出の品でした。

大好きだったおばあちゃんを思い出したのび太は、タイムマシンでおばあちゃんに会いに行きたいと提案。反対するドラえもんだったが、直接会わずに様子を見たらすぐ帰ることを条件に、のび太が3歳だった<過去>へと出発します。

会いたい気持ちを抑え、陰からこっそりおばあちゃんのことを見ていたのび太。しかしひょんなことから、おばあちゃんに見つかってしまいます!

©2020「STAND BY MEドラえもん2」製作委員会

小学生になったのび太の姿を見て驚きつつも、あの頃と同じように優しく受け入れてくれるおばあちゃん。

  「あんたのお嫁さんをひと目見たくなっちゃった」 そんなおばあちゃんの一言で、のび太とドラえもんは、今度は<未来>へと出発します。 目指すは、しずかとの結婚式当日── しかし、会場は騒然となっていました。なんとのび太が逃げたというのです…

・   ・   ・   ・   ・

本作ではそのキャッチコピー「のび太、逃げた」の通り、のび太のマリッジブルーが描かれます。