興行収入204億円を突破 歴代トップ5にランクイン

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(以下、『鬼滅の刃』)は10月16日公開からわずか24日で興行収入は204億円に達し、国内歴代トップ5にランクインしました。

これは緊急事態宣言の中で映画館の営業すら許されない時期もあった日本映画界にとって、完全ではないにしろ大きな勢いを取り戻させるインパクトをもたらしました。

ちなみに日本国内で最大のヒットを記録したのは2001年の宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』で、興行収入は308億円です。14年と16年にそれぞれ社会現象化した『アナと雪の女王』と『君の名は。』がそれぞれ250億円超ですので、『鬼滅の刃』はこのラインを狙っています。

●歴代の興行収入ランキング ※2020年11月8日現在

順位タイトル(公開年)興行収入
1位 『千と千尋の神隠し』(2001年)308億円
2位『タイタニック』(1997年)262億円
3位『アナと雪の女王』(14年)255億円
4位『君の名は。』(16年)250億円
5位『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(20年)※上映中204億円※

6位は 「ハリー・ポッターと賢者の石」(01年)203億円

興行通信社「歴代興収ベスト100」より筆者作成

今回の『鬼滅の刃』の大ヒットは、これまでのヒット作とは少し違うと言えます。というのも、今までのヒット作は、話題化に合わせて劇場公開の規模を拡大・維持してきました。

業界が攻めの意識をもって狙ったヒット作

『アナと雪の女王』、『君の名は。』の興行収入推移を見ていくと分かるのですが、公開1週目より、2週目、3週目の数字が増加しています。これは公開各週で“取りこぼし”が発生していたことになり、映画業界ー特に興行サイドの見立てが世間の需要を読み誤っていた結果です。

対する『鬼滅の刃』は、シネマコンプレックス(シネコン)をはじめとする劇場がネット上で“時刻表”と揶揄されるほどの公開回数を確保し、器を最大限に構え、チャンスロス(機会損失)を防ぐ体制を整えました。

その結果、公開からわずか3日で興行収入46億円を記録、10日足らずで100億円を突破しました。これは今年のアカデミー賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』の初日3日の興行収入とほぼ同じ数字です(パラサイトの興行収入は47億円)。

作品の纏う熱量を興行サイドが120%の体制で受け止めたことで、これまではどうしても受け身になりがちだった映画業界において、今までにない攻めの姿勢を感じ取ることができました。

都内の大手シネコンでは公開1週目から1日に40回以上も『鬼滅の刃』に割きました。ここまで上映回数を増やして、もし客足が鈍かったら…と考えると、下手なホラー映画より恐怖を感じます。

国内の映画業界は2000年代以降シネコンが中心となり、後に説明するとおり“安全策”を選ばざる得ない仕組みとなっていました。が、そんな中でここまでの冒険に打って出たことは大きく評価されていいと思います。

このように書くと、「なぜ、過去のヒット作ではそのような上映体制を整えられなかったのか?」という意見が聞こえてきそうです。