トップ > スタートアップ > 大学発ベンチャー >9月6日上場の「and factory」その実力と成長性は?

9月6日上場の「and factory」その実力と成長性は?

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

アプリ開発、IoT事業などを行うand factory<7035>が9月6日にマザーズに新規上場します。想定価格は2,470円。公開株数の合計が740,000株ですので、吸収金額はおよそ18億円。15%のオーバーアロットメントを含めると21億円規模。2017年8月期の売上高は6億8900万円で、純利益は1億7400万円をたたき出しました。驚異の高収益企業です。しかも設立は2014年。投資家などからの資金調達は、シード・アーリーステージでイグニス<3689>から行っただけ。あちこち突っつかれて成長したというよりは、自力でサービスを伸ばし、早期の上場へとたどり着いたように見えます...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)