ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

滴滴出行、程維(チェン・ウェイ)CEO【中国経営者シリーズ10】

alt

ライバルの「快的打車」と合併し「滴滴出行」誕生

2014年までに、「滴滴打車」の唯一の競合として残ったのがアリババから出資を受けていた「快的打車(クァイディダーチャー)」。その時点で、中国のスマートフォンのタクシー配車サービス市場は、「滴滴打車」と「快的打車」の2社がほぼ二分する状況だった。

2015年になると、「滴滴打車」と「快的打車」は戦略的合併を発表し、名称を「滴滴出行」とすることを決定した。滴滴出行への投資額はさらに増え、アリババやテンセントといった中国勢だけでなく、米アップルや日本のソフトバンクグループなどが名乗りをあげた。

そして2016年、滴滴出行は米ウーバーと戦略的契約を締結し、ウーバーの中国事業におけるブランドなどの買収をすることになる。滴滴出行がウーバーの中国事業を買収したことで、程維はウーバー取締役会のメンバーに加わった。(敬称略)

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【2018年1-3月期】日本企業M&A公表案件ランキング

【2018年1-3月期】日本企業M&A公表案件ランキング

2018/05/23

トムソン・ロイター調べによると、2018年1-3月期(第1四半期)の日本企業が関連するM&A公表案件は、7.4兆円(932件)と過去最高のスタートとなった。今期最も活発だったのは国内案件で、3兆円超えた。