米国本社が倒産しても日本のDEAN&DELUCAが存続している理由

alt
DEAN & DELUCA マーケットストア アトレ恵比寿店

新型コロナウイルスを乗り越えられるか?

国内のディーアンドデルーカが順風満帆かと言えば、そうでもありません。

2019年5月にオイシックス・ラ・大地<3182>を引受先とする第三者割当増資を実施しました。オイシックスはウェルカムの株式18.03%を追加取得。保有比率が20.08%となってウェルカムはオイシックスの持分法適用会社となりました。オイシックスはこの出資に11億円を投じています。

ウェルカムとオイシックスのシナジー効果(画像はプレスリリースより)

ディーンアンドデルーカは都市部の好立地に出店をしており、オイシックス側にとって販売チャネルの拡大は魅力的なものでした。ディーンアンドデルーカのブランド力も強く、オイシックスの会員に対する満足度向上にも寄与します。

ディーンアンドデルーカはオイシックスのECノウハウを吸収できるメリットがありました。しかし、ディーンアンドデルーカは資本提携の翌年に新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けることとなりました。

ウェルカムは2020年6月期に9億6,000万円の純損失を計上。オイシックスは、ウェルカムが当初想定していた収益が見込めなくなったとして、2020年3月期において3億200万円の持分法による投資損失を計上しています。更に2021年3月期に、帳簿価額2億5,700万円のウェルカム株の評価損4億2,100万円を計上しました。

コロナの影響は長期化すると見られ、ウェルカムの経営難は続くと予想できます。オイシックスは追加出資するのか、切り離すのか。はたまた別の会社がウェルカムに出資をするのか。日本で根強い人気をほこるディーンアンドデルーカの動向に注目が集まります。

麦とホップ@ビールを飲む理由

麦とホップ @ビールを飲む理由

しがないサラリーマンが30代で飲食店オーナーを目指しながら、日々精進するためのブログ「ビールを飲む理由」を書いています。サービス、飲食、フード、不動産にまつわる情報を書き込んでいます。飲食店、宿泊施設、民泊、結婚式場の経営者やオーナー、それを目指す人、サービス業に従事している人、就職を考えている人に有益な情報を届けるためのブログです。やがて、そうした人たちの交流の場になれば最高です。

NEXT STORY

ラーメンコラボが続々「天下一品」「一風堂」「スガキヤ」「岐阜タンメン」の作戦は?

ラーメンコラボが続々「天下一品」「一風堂」「スガキヤ」「岐阜タンメン」の作戦は?

2021/06/13

「天下一品」「一風堂」「スガキヤ」「岐阜タンメン」などのラーメン店が相次いでコラボを公表した。相手先はアパレルブランドやミールキット(食材とレシピがセットなった商品)、菓子などさまざまだ。