MaaSの記事一覧

攻めに転じた「パイオニア」次代のリーダーになれるのか

攻めに転じた「パイオニア」次代のリーダーになれるのか

パイオニアがMaaS(複数の交通機関を結び付け、移動を大きく変えるサービス)事業などを展開するソニックスとの間で資本出資、業務提携に関する契約を結んだ。同社は今後も他社との協業を積極化させる計画で、移動サービス事業が急速に拡大しそうだ。

記事を読む
6月20日まで宣言延長!  新型コロナと戦うバス事業|人とものを「運ぶM&A」

6月20日まで宣言延長! 新型コロナと戦うバス事業|人とものを「運ぶM&A」

緊急事態宣言が延長され窮地に立たされ続けるバス事業だが、死中に活路が見いだす事業者も増えているようだ。今回は「新型コロナとの戦い方が見えてきた」とも言える事業者の戦いぶりを見ていこう。

記事を読む
JR西日本が自社路線のない地域で「ICOCA」を普及する理由

JR西日本が自社路線のない地域で「ICOCA」を普及する理由

西日本旅客鉄道(JR西日本)は子会社のJR西日本テクシアと共同で、同社が提供する交通系ICカード「ICOCA」のローカル私鉄やバスといった地域交通での利用促進に取り組む。しかも、自社路線が存在しない過疎地でだ。なぜJRが走らない地域なのか?

記事を読む
トヨタが国産車メーカーに相次いで出資する「三つの理由」とは?

トヨタが国産車メーカーに相次いで出資する「三つの理由」とは?

トヨタ自動車がSUBARUの出資比率を約17%から20%以上に引き上げ、持ち分法適用会社にすることが明らかになった。これに併せてスバルもトヨタ株を取得し、相互出資する。最近ではマツダやスズキにも出資している。なぜトヨタは出資に積極的なのか?

記事を読む
「ボルボ買収」でトップメーカに上り詰めた吉利汽車の投資効果は

「ボルボ買収」でトップメーカに上り詰めた吉利汽車の投資効果は

グローバル自動車メーカーの「ボルボ」買収した吉利汽車(Geely)は、結果的にわずか1年ほどで投資を回収。IRR換算で33%超の投資リターンとなり、M&Aの投資採算としても十分に成功した。吉利の次のステージは日系メーカーの脅威となるのか。

記事を読む
どうなる日本のMaaS 幅広い業界に広がりが

どうなる日本のMaaS 幅広い業界に広がりが

トヨタ自動車とソフトバンクの提携に象徴される日本のMaaSに広がりが出始めてきた。国土交通省の積極的な支援に伴って、今後幅広い業界でMaaSを巡る動きが活発化しそう。日本のMaaSとはどのようなものなのか。

記事を読む