ゴルフ場の買収は成長に必要「アコーディア・ゴルフ」石井歓社長に聞く

alt
石井歓アコーディア・ゴルフ社長

アコーディア・ゴルフ(東京都品川区)は2022年10月1日に、ネクスト・ゴルフ・マネジメント(同)を吸収合併する。オペレーションの統一による効率化を、合併の狙いにあげているが、効果はどうなのか。

また米投資会社のフォートレス・インベストメント・グループが、アコーディアとネクスト両社の親会社になって8カ月近くが立つ。当初、フォートレスの支援を得ながら成長を目指すと、していたが現状はどうなのか。

2022年6月30日にアコーディアの社長に就任した石井歓社長に、合併効果や親会社との連携などについてお聞きした。

合併は最後の仕上げ

―合併後、どの程度の効率化を見込んでいますか。

今回の合併は最後の仕上げになる。2019年に兄弟会社になってから実質的な統合作業を進めていたので、私が6月に入ってきた時には、同じところで仕事をしており、両社の区別がほとんどない状態だった。すでに予約システムや事業所の運営の仕方などを共通化してきていたため、10月になって急に何かが変わることはない。ただ、これまで別の会社だったため人事制度などは異なっている。この調整などが最後の作業となる。

-アコーディアは、133カ所のゴルフ場と25カ所のゴルフ練習場を運営しており、ネクスト・ゴルフ・マネジメントは37カ所のゴルフ場と2カ所ゴルフ練習場を運営しています。合併後は運営する施設数が国内最多となりますね。

これも合併したからと言って、何かが変わるものではない。連結で見ればすでに国内最多となっていたわけなので、特に新たな取り組みなどはない。

-ゴルフ場の買収を進めておられますが、今後もこの方針に変わりはありませんか。

企業価値を上げ、収益性を上げるためには企業が成長しなければならない。成長の要因には内部成長と外部成長がある。内部成長は売り上げを最大化しコストを下げて収益を上げていくということで、そのための努力は必要。でも、これだけでは大きく伸ばすことはできない。やはり外部成長、つまり新たにゴルフ場を買収することも必要だ。

-買収件数などの数字的な目標はありますか。

数字の目標は定めていない。なぜかというと、目標を達成するために無理して買収すると高値掴みしたりするためだ。投資効率がちゃんと上がることを前提にやるようにしている。

-どのようなゴルフ場を買われているのですか。

最近はゴルフ業界全体の調子が良いので、経営状況が思わしくないために売却するという事例は、あまりない。後継者不足や、コアビジネスへの集中のためにゴルフ事業を譲渡するなどのケースが多くなっている。三大都市圏にこだわらず、当社のスタイルで運営することによって収益改善が見込めるゴルフ場をしっかりと見極めていきたい。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

最新ゴルフクラブを低価格でレンタル「アコーディア」が新サービスを開始

最新ゴルフクラブを低価格でレンタル「アコーディア」が新サービスを開始

2022/08/02

ゴルフ場運営大手のアコーディア・ゴルフは、初心者ゴルファーらを対象に、最新ゴルフクラブをリーズナブルな料金でWeb予約ができるサービスを始めた。

買収した企業の担当者に聞く