ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

読売新聞 「25年ぶり」値上げ、朝日・毎日に先んじる

alt

朝日から読売に部数トップの座が逆転するドラマも

購読料値上げをめぐっては過去、虚々実々の駆け引きが繰り広げられてきた。その結果、部数トップの座が朝日新聞から読売新聞に移るというドラマもあった。40数年前の出来事だ。

読売新聞は1976(昭和51)年3月25日、朝刊1面に「本紙、むこう1年間購読料を据え置き/インフレ阻止へ公共的使命果たす/広告料も当分上げない」という内容の社告を掲載した。当時、73年秋の第一次石油危機後の物価上昇に日本中が苦しんでいた。

「読売新聞140年史」はこう記している。「他社に先駆けて宣言した購読料据え置きは幅広い国民の支持を得た。75年の659万部から76年には705万部まで伸びた。同年12月には朝日を抜き、全国トップに躍り出た。77年1月に朝日に巻き返されたが、2月に再びトップを確保し、以降、1位の座は揺るぎないものとなった」

77年2月には再び、社告で「本紙、さらに当分の間/購読料を据え置き/厳しい不況下全読者に奉仕」とする第二弾を打ち出した。読売の購読料は78年9月まで据え置かれ、朝日は同年3月、毎日は同年6月に値上げした。

今回、最大手の読売が口火を切ったことで、新聞業界全体に値上げへの“戦端”が開かれたといえる。ネット全盛に代表される多メディア化の時代にあって、2019年は値上げをきっかけに新聞の鼎の軽重が改めて問われる1年になりそうだ。

ライバル・朝日の動向は…(東京・築地)

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

街中に見るM&A さよなら、プランタン銀座

街中に見るM&A さよなら、プランタン銀座

2016/12/14

2016年12月、プランタン銀座が32年の歴史にピリオドを打つ。時代の流れとともに変化していったニーズとその変化に伴う仏・プランタン社との方向性の違いから、商号・商標契約が終了。12月末には全株式が読売新聞東京本社に売却され、来年3月中旬に「マロニエゲート銀座」として生まれ変わる。