ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

東海汽船がレストラン船・東京ヴァンテアンクルーズの運行を停止

alt
停泊中のヴァンテアン

「ダイヤモンド・プリンセス」の集団感染でイメージが悪化

2020年2月に3,711人の乗員乗客を乗せた「ダイヤモンド・プリンセス号」内で、新型コロナウイルスの集団感染が発生しました。712人の感染者を出した一連の出来事は、あらゆるメディアで大きく報道されました。3密を作りやすい環境のクルーズ船のイメージは悪化しました。

新型コロナウイルスにより、レストラン船は長期的な苦境に見舞われる可能性が高いです。理由は3つあります。

1.閉じた空間で食事をすることを避けようとする消費者心理が根強いこと
2.企業宴会の減少が鮮明になること
3.結婚式の受注に苦戦が予想されること

レストランや居酒屋そのものの利用が控えられる中で、イメージが毀損したクルーズ船の戻りは極めて遅く、これまでの売上水準には戻らない可能性が高いです。企業主催のパーティーも絶対数が減少し、大型の宴会も取りにくくなります。各レストランは本業が悪化した分を、結婚式で埋めようとします。少ない顧客の取り合いとなり、婚礼は中長期的に競争が激化すると予想されます。

2020年3月には神戸港を拠点とするレストラン船「ルミナス神戸2」の運営会社ルミナスクルーズ(本社:神戸市)が民事再生法の適用を申請しています。そして、東海汽船は東京ヴァンテアンクルーズの解散を決定しました。

「Go To」キャンペーンなど国内旅行の需要喚起を狙った大型施策が控えています。東海汽船はその波に乗ることができるのか。レストラン船の早期撤退を決めた東海汽船に注目が集まっています。

麦とホップ@ビールを飲む理由

麦とホップ @ビールを飲む理由

しがないサラリーマンが30代で飲食店オーナーを目指しながら、日々精進するためのブログ「ビールを飲む理由」を書いています。サービス、飲食、フード、不動産にまつわる情報を書き込んでいます。飲食店、宿泊施設、民泊、結婚式場の経営者やオーナー、それを目指す人、サービス業に従事している人、就職を考えている人に有益な情報を届けるためのブログです。やがて、そうした人たちの交流の場になれば最高です。

NEXT STORY

「市場好調、大手不在」なのに小型旅客機メーカーが苦戦する理由

「市場好調、大手不在」なのに小型旅客機メーカーが苦戦する理由

2019-07-01

三菱重工業がボンバルディアから小型旅客機「CRJ」事業を買収することで合意した。ボンバルディアは小型旅客機事業から撤退する。エンブラエルも同事業からの撤退を決めている。しかし意外にも同市場は成長を続けているという。ではなぜ撤退が相次ぐのか?