東京と伊豆諸島を結ぶ定期船の運行をする東海汽船<9173>が、レストラン船事業から完全撤退します。運行していたレストラン船「ヴァンテアン」は、2020年6月30日を最後に運行を停止することとなります。運営していた連結子会社の東京ヴァンテアンクルーズ(本社:東京都港区)は解散となります。

レストラン船の老朽化が進んで整備費用が増加していたところに、新型コロナウイルスの感染拡大で客足が急減し、損失が膨らみました。2020年1月から3月のレストラン船の利用客は前年同期比63.2%減の7,000人。売上高は58.9%減の6300万円まで落ち込んでいました。

東海汽船は2020年12月期第1四半期の売上高が9.6%減の21億7800万円で、4億5400万円の営業赤字を計上しています。非常事態宣言や渡航の制限などにより、本業の海運事業旅客部門の落ち込みも顕著。不採算部門の整理と立て直しを進めています。

この記事では以下の情報が得られます。

・東海汽船の業績
・レストラン船の業績推移

インバウンドの恩恵も受けられず本業もジリ貧に

セブンアイランド愛
伊豆諸島海域を高速で運行するジェット船

東海汽船は伊豆諸島や小笠原諸島への観光船、貨物船を運航しています。はじまりは1889年。実業家・渋沢栄一氏の後押しにより、東京湾に乱立していた船会社4社が合併して東京湾汽船が誕生。1942年に東海汽船へと社名変更しました。伊豆諸島と小笠原諸島の海運は独占状態にあります。

1927年に発生した金融恐慌で経営危機を迎え、それを乗り越えるために観光業に進出しました。1953年には、藤田観光グループを築いた小川栄一氏が社長に就任します。藤田観光<9722>は経営と資金面で東海汽船を支え、現在でも20.32%の株式を保有する大株主です。

レストラン船「ヴァンテアン」は1989年のバブル期真っただ中に就航。船上パーティーやプロポーズ、結婚式などの新たな需要を開拓しました。この船は「全国高等学校クイズ選手権」の決勝戦で使われていたことでも知られています。

東海汽船の事業は海運、船内などで食事を提供する料飲、レストラン、ホテル、自動車運送に分かれています。海運が売上の73.2%を占めており、観光船が一番の稼ぎ頭です。

業績は長らく冴えません。2017年ごろから日本はインバウンド需要が活発でしたが、東海汽船はその波に乗ることができませんでした。

2017年12月期の売上高は前期比2.4%増の114億4300万円。翌期は0.1%増の114億6000万円に留まっています。2019年12月期は台風などの天候不順により、3.0%減の111億1500万円となりました。

■東海汽船業績推移(百万円)

2017年12月期2018年12月期2019年12月期
売上 11,443 (2.4%増) 11,460 (0.1%増) 11,115 (3.0%減)
営業利益 523 (26.3%増) 131 (74.9%減) △74
純利益 394 (11.4%増) 148 (62.3%減) 25 (83.2%減)

有価証券報告書より筆者作成

2020年12月期の業績は新型コロナウイルスで見通しの立たないことから、予想を未定としています。

次に海運事業と今回撤退するレストラン事業の業績を見てみます。レストランの売上は2017年12月期が3.1%減の10億3000万円、翌期が2.6%減の10億300万円。じりじりと減少を続けています。2019年12月期は売上高が10億円を下回りました。天候不順の影響を大きく受けています。

■セグメント別業績(百万円)


2017年12月期 2018年12月期 2019年12月期
海運関連 売上 8,543 (4.4%増) 8,581 (0.4%増) 8,340 (2.8%減)
営業利益 847 (31.3%増) 498 (41.2%減) 320 (35.7%減)
レストラン売上 1,030 (3.1%減) 1,003 (2.6%減) 906 (9.6%減)
営業利益 34 (16.8%減) 24 (29.9%減) △39

事業報告書より筆者作成

利益も出にくい体質。本業の営業利益率は6.6%ですがレストランは0.6%ほど。レストラン船「ヴァンテアン」は1989年就航で、30年以上も現役で走り続けていました。維持費も嵩み、老朽化が進んだことが事業撤退の一因となっています。