ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

京都セントラルインが事業停止 新型コロナ関連で

alt
京都・四条河原町

~「新型コロナウイルス」関連破たん~

 (株)京都セントラルイン(TSR企業コード:642036780、法人番号:1130001025676、京都市下京区四条通寺町東入ル二丁目御旅町30、設立2004(平成16)年9月、資本金1000万円、堀江崇寛社長)は4月29日に事業を停止し、事後を堀悠子弁護士(京都はるか法律事務所、京都市中京区両替町通丸太町下ル西方寺町160-2、電話075-746-2227)に一任した。
 負債は現在調査中。

京都セントラルインの外観
京都セントラルインの外観©東京商工リサーチ

 阪急・京都河原町駅の最寄りに立地するビジネスホテル「京都セントラルイン」を経営していた。ビジネス向けのほか、観光を目的としたカップルやファミリーも利用可能な138室を提供。好立地なことやインバウンド需要の取り込みなどで、2017年8月期には売上高約3億円を計上していた。
 しかし、低採算で財務強化が進まないなか、「新型コロナウイルス」感染拡大で、インバウンド・国内観光客が激減。ホテルを4月21日より臨時休業していたが、今後の見通し難から4月29日を以てホテルを閉鎖し、今回の事態となった。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

藤田観光が赤字転落、訪日韓国人急減よりも婚礼部門の不振が深刻

藤田観光が赤字転落、訪日韓国人急減よりも婚礼部門の不振が深刻

2020/02/28

椿山荘などの結婚式場やホテルを運営する藤田観光は、2019年12月期営業利益が前年同期比74.5%減の2億8000万円で着地しました。韓国人観光客急減による影響は大きいものの、婚礼部門の不振が深刻なようです。