ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「靴業界動向」調査

alt

業績別動向 減収減益が約3割

 2015年度の業績では、「減収・減益」が180社(構成比26.2%)と約3割を占め、最多。次いで、「増収・増益」が140社(同20.4%)、「減収・増益」「横ばい・横ばい」が各91件(同13.2%)、「増収・減益」が76社(同11.0%)の順。

 増収企業239社のうち、増益が140社(同58.5%)、76社(同31.7%)が減益。一方、減収企業321社のうち、増益が91社(同28.3%)、減益が180社(同56.0%)と売上推移が利益動向に大きく反映される結果となった。

靴業界 業績別

「赤字」企業が2割

 686社の2015年度の利益金は「黒字」が568社(構成比82.7%)と、全体の8割を占めた。一方、「赤字」は118社(同17.2%)だった。

「赤字」は2013年度は100社(同14.5%)、2014年度104社(同15.1%)と、赤字企業が増加している。

従業員数別 10人未満が約6割

 686社の従業員数別では、5人未満が265社(構成比38.6%)、次いで10~50人未満が213社(同31.0%)、5~10人未満が134社(同19.5%)の順。

 100人以上は41社(同5.9%)にとどまり、10人未満は399社(同58.1%)と約6割を占めた。

業歴別 50年以上が約5割

 業歴別では、50~100年未満が305社(構成比44.4%)で約4割を占めた。次いで、10~50年未満が237社(同34.5%)、100年以上が37社(同5.3%)、5~10年未満が27社(同3.9%)の順。

 業歴50年以上の老舗企業が342社(同49.8%)と約5割を占める一方、5年未満は2社(同0.2%)と、靴業界は極めて新規参入の少ない業界であることがわかった。

 なお、個人企業など創業が判明しなかったのは78社(同11.3%)。

NEXT STORY

【企業力分析】スカイマーク もう一度大空へ

【企業力分析】スカイマーク もう一度大空へ

2015/12/28

LCC(格安航空会社)の先駆け的存在のスカイマークに何が起こったのだろうか。2015年1月28日に民事再生法の適用を申請したスカイマークを専門家が分析する。