トイザらス・アジア(本社・香港)は2018年11月16日、親会社の米トイザラス経営破綻を受けて交渉を進めてきた「身売り」問題が決着したと発表した。

米トイザラスが保有していたトイザらス・アジア株の85%を、米トイザラスの担保付き上位債権を保有する米タージ・ノートホルダーズ(Taj Noteholders)グループに譲渡。タージは残るトイザらス・アジア株の15%を保有する香港のファン・リテーリング・リミテッド(Fung Retailing Limited)との提携に合意した。

これに伴い、タージはトイザらス・アジア株の6%をファン・リテーリングに譲渡。ファン・リテーリングは保有比率21%の最大株主となった。ファン・リテーリングはこれまでトイザらス・アジアの経営に関わってきた経緯から、身売り後の経営参加にも意欲をみせていた。交渉でまとまったトイザらス・アジアの株式価値は約9億ドル(約1020億円)。これに基づくファン・リテーリングの株式取得価格は5400万ドル(約61億2000万円)となる。

トイザらス・アジアの運営は、アンドレ・ジェイブス(Andre Javes)社長兼CEOをはじめとする現経営陣が引き続き担当する。「トイザらス」のブランドや店舗名も変わらない。タージ・ノートホルダーズは「トイザらス・アジアの成長の見通しは明るい」としており、今回の「身売り」による経営戦略に大きな変化はなさそうだ。

トイザらス・アジアは日本、中国、およびブルネイ、中国、香港、マレーシア、シンガポール、台湾、およびタイを含む東南アジアにおいて1万人を超える従業員を抱え、450以上の店舗を運営。フィリピンとマカオでは85店以上のフランチャイズ店を展開している。

トイザらス・アジア株を譲渡されたタージ・ノートホルダーズは、主にグローバル展開している小売企業への投資や所有を手がける、複数の投資ファンドと金融機関で構成する投資グループ。数十億ドル規模の受託資金を運用しているという。

文:M&A Online編集部