ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

国内株式TOBは15件と一定の活況を維持|2018年第4四半期

alt

2018年第4四半期国内株式TOBプレミアム(全件)

TOBプレミアムの算定は、公表日前日の3ヶ月平均株価(終値)を使用している

表1 親会社による上場子会社の完全子会社化(筆者作成)

買付企業 対象企業 TOBプレミアム
NTT-SH NTT都市開発 37.8%
オリックス 大京 33.1%
ジェイテクト ダイベア 38.4%


表2 ファンドによる上場子会社のバイアウト
(筆者作成)

買付企業 対象企業 TOBプレミアム
アスパラントグループSPC5号(1回目) FCM -13.9%
アスパラントグループSPC5号(2回目) FCM 9.5%


図3 資本関係のなかった上場会社による上場子会社化
(筆者作成)

買付企業 対象企業 TOBプレミアム
グローリー(1回目) フュートレック -6.9%
グローリー(2回目) フュートレック 19.9%


図4 2社JV化のための上場持分法適用会社の非上場子会社化
(筆者作成)

買付企業 対象企業 TOBプレミアム
KDDI・電源開発 エナリス 1.2%


図5 上場会社による上場持分法適用会社化
(筆者作成)

買付企業 対象企業 TOBプレミアム
電通 セプテーニ・ホールディングス 53.9%
FDUインベストメント合同会社(ユニー・ファミマHDのSPC ドンキホーテホールディングス 11.9%


図6 上場会社によるバイアウト
(筆者作成)

買付企業 対象企業 TOBプレミアム
ジョンソン・エンド・ジョンソン シーズ・ホールディングス 33.8%
日東工業 北川工業 165.5%


図7 MBO案件
(筆者作成)

買付企業 対象企業 TOBプレミアム
株式会社八越 一六堂 36.2%


図8 筆頭株主エグジット
(筆者作成)

買付企業 対象企業 TOBプレミアム
合同会社インバウンドインベストメント イントランス 2.7%


図9 創業者一族内の持ち株移動
(筆者作成)

買付企業 対象企業 TOBプレミアム
株式会社東京スペックス オリジナル設計 -12.1%

NEXT STORY

【敵対的TOB】デサント対伊藤忠だけではない、過去にこんな例も

【敵対的TOB】デサント対伊藤忠だけではない、過去にこんな例も

2019/02/09

スポーツ用品大手、デサントに対する伊藤忠商事の敵対的TOBの成否に注目が集まっている。日本で敵対的TOBはほんの数えるほどだが、大手企業同士が争うのは2006年の「北越製紙対王子製紙事件」以来13年ぶり。過去の事例をひも解いてみると。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5