非公開化の記事一覧

MBOが今年早くも5件|「上場企業」返上の理由は?

MBOが今年早くも5件|「上場企業」返上の理由は?

2020年に入り、経営陣が参加する買収(MBO)がすでに5件に達し、前年の6件に早くも並ぶ勢いだ。このままでいけば、2013年以来7年ぶりに2ケタ(10件)に乗せる公算が大きい。MBOは2011年の21件をピークに減少傾向にある。

記事を読む
国内株式TOBは15件と一定の活況を維持|2018年第4四半期

国内株式TOBは15件と一定の活況を維持|2018年第4四半期

事業会社による積極的な事業拡張を目的としたTOBは低調となる可能性が高いものの、グループ再編型のTOBは一定の取引量を維持するものと考えられます。引き続き、親子上場会社の子会社に注目です。

記事を読む
【廣済堂】米ファンドと組んでMBO、新たなビジネスモデル構築へ

【廣済堂】米ファンドと組んでMBO、新たなビジネスモデル構築へ

中堅印刷業の廣済堂が乾坤一擲の“大勝負”に出る。米投資ファンドのベインキャピタル主導によるMBO(経営陣による買収)を実施し、株式の非公開化に踏み切る。有力ファンドの傘下で事業再構築を迅速に進めたうえで、数年後に再上場を狙うとみられる。

記事を読む
MBOとプレミアム(上)経営陣が安く買い叩くは本当? 株価データに見る真実 

MBOとプレミアム(上)経営陣が安く買い叩くは本当? 株価データに見る真実 

MBO(経営陣による買収)が話題になっている。MBOは経営陣が買収価格を操作できるから、株主は十分なプレミアムを享受できず不利益を受けやすいとも言われるが本当だろうか。株価データを元に検証する。

記事を読む
東証、MBO後の再上場の審査指針を公表 投資家保護の強化狙う

東証、MBO後の再上場の審査指針を公表 投資家保護の強化狙う

東京証券取引所は2日、MBOによって非公開化した企業が再上場する際の上場審査の指針を公表した。MBOと再上場が一連の取引となっていないか関連性を調べるほか、MBO時の計画とその後の進捗の乖離などについても検証する。MBO後に再上場する事例が今後増加する可能性があり、審査を慎重に進めることで、投資家保護を強化する狙いがある。

記事を読む
MBOの最新事情(上)適正な株価はいくら?

MBOの最新事情(上)適正な株価はいくら?

事業承継について考える時、自らの右腕である役員に会社を継がせたいと願うオーナーは少なくない。部外者よりも会社の社風やオーナーの理念等を知り尽くしていると考えられるためだろう。経営陣による買収手法であるMBO(マネジメントバイアウト)の最新事情について解説する。

記事を読む
M&A用語の歴史 その2 アメリカの企業買収の実例

M&A用語の歴史 その2 アメリカの企業買収の実例

マイケル・ダグラスが主役を努めた1987年公開のアメリカ映画、「ウォール街」をご存知の方も多いだろう。今回は、劇中でテレンス・スタンプが演じるラリー・ワイルドマン卿のモデルになったといわれているジェームズ・ゴールドスミス氏(James Michael "Jimmy" Goldsmith; 1933-1997)を中心に、当時のアメリカの買収実例を紹介する。

記事を読む