最強コラボ!「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース」が始動

alt
©2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 ©円谷プロ

2年ぶりの大台突破へ『シン・ウルトラマン』大ヒット上映中

公開から4週目を迎えた映画『シン・ウルトラマン』は、先日紹介した『トップガン マーヴェリック』と共に2強状態をキープしています。5月13日の公開から6月5日までの24日間で興行収入31.8億円を突破、観客動員は200万人を突破しました。

大台突破を記念して新たに入場者プレゼントの実施を決定、さらなる観客動員増を目指しています。

今回のプレゼントは劇中で山本耕史が演じて大きなインパクトを残した外星人のメフィラスの名刺が作れるポストカード3種。劇中で実際に主人公たち“禍特対”の面々に差し出されたもので、映画を見たファンからこの名刺が欲しいという要望もあがっていたとか。

メフィラスの口癖「私の好きな言葉です」はネット上で“メフィラス構文”と呼ばれ、一種のネットミームとなっています。

映画『シン・ウルトラマン』メフィラス名場面映像【大ヒット上映中】東宝MOVIEチャンネル - YouTube

『シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース』がついに始動

また、『シン・ウルトラマン』の公開に合わせて「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース」の構想が発表されました。

『シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース』公式サイト (sjhu.jp)

これは2016年に公開された『シン・ゴジラ』、2021年公開の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』、そして『シン・ウルトラマン』、さらには2023年3月公開予定の『シン・仮面ライダー』という“シン”を冠した4作品がコラボレーションするというもの。

と言っても作品ごとにキャラクターが横断して登場するようなことはないようで、宣伝やグッズ、アトラクションで共演するようです。(『シン・ウルトラマン』の竹野内豊のような遊びは今後もあり得るかもしれませんが…)。

作品を個別に観れば、全作品で庵野秀明のアニメーションスタジオである株式会社カラー(khara, inc.)が関わっているものの、『シン・ゴジラ』は東宝、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は東宝・東映・カラー、『シン・ウルトラマン』は東宝・円谷プロダクション・カラー、『シン・仮面ライダー』は東映が配給と、それぞれ製作会社が違うので、マーベル映画のような直接的な共演は大人の事情でちょっと難しいのかもしれません。

『シン・ウルトラマン』の興行収入予想

シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバースの状況をまとめると、興行収入が確定している『シン・ゴジラ』が82.5億円、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が102.8億円となっています。

作品 興行収入 製作会社 公開年
『シン・ゴジラ』 82.5億円 東宝 2016年
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』 102.8億円 東宝・東映・カラー 2021年
『シン・ウルトラマン』 50億円?(筆者予想) 東宝・円谷プロ・カラー 2022年
『シン・仮面ライダー』 (公開予定) 東映 2023年予定

『シン・ウルトラマン』に関して忖度無しで見ると、おそらく興行収入は50億円ぐらいかと思われます。ほかの前2作に比べるとやや低めに思われるかもしれませんが、実写邦画で興行収入50億円を超えるというのは、なかなかないことです。その証左として、昨年と2022年は一本もなく、一昨年は『今日から俺は!!劇場版』の一本だけ、2019年も『キングダム』の一本だけです。

“邦高洋低”の状態が続く日本映画界ですが、興行収入が高い邦画は主にアニメーション作品で、実写が年間トップを飾ることは稀です。そういう中で『シン・ウルトラマン』が興行収入50億円に達するとなると、2年ぶりの大台突破ということで、これは快挙と言ってよいでしょう。

NEXT STORY

前代未聞の月曜公開で8億!『シン・エヴァンゲリオン劇場版』週末はどうなる?

前代未聞の月曜公開で8億!『シン・エヴァンゲリオン劇場版』週末はどうなる?

2021/03/11

3月8日、待ちに待った『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開初日を迎えました。興行収入は8億277万4200円、観客動員数は53万9623人と異例の月曜日公開(平日)でこの数字。自粛要請が続く中、週末はどうなるでしょうか。