ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

メルカリを「会計的思考」からひも解く

alt
メルカリ提供

最強のキャッシュフロー経営・Amazonに近づけるか

ただ、もちろん支払期間が長期化することで手元資金が増えたとしても、いつかは出品者に対して支払わなければならない。仮に一斉に出品者が振込申請をしてきたときに支払えないということは避けなければならない。そのため、メルカリは17年6月期において215億円の借入れを行っており、さらに今回の上場で約540億円を調達することで、一段と積極的な投資をするための資金集めを行った。

ここで調達した資金は、引き続き国内外での広告宣伝や、新規事業への投資、優秀な人材の獲得・維持に使われるものと考えられるが、これらが功を奏して利益が生まれると、運転資本のマイナスにより生まれる資金も増加し、それを新たな投資にまわして更に利益を生み出し・・・という好循環が生まれる。こうなれば、最強のキャッシュフロー経営として知られるAmazonに近づくことができるかもしれない。

このように、ビジネスと財務諸表を絡めながら見ると、メルカリがどのような経営戦略を実行しているのかを理解する手がかりが見えてくる。もちろんそれだけでビジネスの全容を理解するのは不可能だが、会計的思考を使い、会社の問題点や成長可能性のある点を特定することは十分に可能だ。

そのためには、財務諸表分析の計算式を暗記することではなく、日ごろから「あの会社の財務諸表って、どうなっているんだろう?」と考える習慣をつけることが重要となる。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【メルカリ】鮮烈に上場デビューも課題多し

【メルカリ】鮮烈に上場デビューも課題多し

2018/06/20

フリマアプリ最大手、メルカリが株式市場にデビューを果たした。国内圧勝が続く中、米国での事業をどう軌道に乗せるかに市場の興味は移る。リーディングカンパニーとして不正出品対策の徹底など業界の健全な発展に向けた取り組みが一層求められる。