ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

家業の燃料卸問屋を譲渡し彫刻家に転身  薬師寺一彦さん(上)

alt

 2017年11月、東京・巣鴨の「マスミギャラリー」でちょっと変わった展覧会があった。会場が二つに分けられ、メインのスペースには比較的大きな立体作品が飾られ、隣りのスペースでは小さなブレスレットやペンダントなどのアクセサリーが展示されている。二人の作家による展覧会みたいだが、彫刻家・薬師寺一彦さん(49)一人の個展だ。

 芸術家になる夢が破れて、普通の会社に就職したり実家の商売を継ぐというのはよくあるが、薬師寺さんは真逆のパターン。いったん継いだ家業を捨て、プロの彫刻家になった。

作品ととともに写真に納まる彫刻家の薬師寺一彦さん

子供の頃から仏師に憧れ

 大阪府堺市出身。子供の頃から「仏師」に憧れ、父親と一緒に有名なお寺に行っても、「山門で仁王さんの絵を描いていた」というから、かなり変わった子供だったようだ。小学生のときに描いた叔父の肖像画をタブレット端末で見せてもらった。しっかりしたタッチで描かれていて、なかなかの腕前。

NEXT STORY

週刊住宅新聞社の破産申請、情報誌事業は別会社で継続

週刊住宅新聞社の破産申請、情報誌事業は別会社で継続

2017/11/19

(株)週刊住宅新聞社は10月31日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は債権者1195名に対して4億4504万円。うち、新聞の購読者は1019名。「週刊住宅」発行事業は(株)週刊住宅タイムズが引き継ぎ、その他の出版物の版権などの一部も他社へ売却している。