2017年11月、東京・巣鴨の「マスミギャラリー」でちょっと変わった展覧会があった。会場が二つに分けられ、メインのスペースには比較的大きな立体作品が飾られ、隣りのスペースでは小さなブレスレットやペンダントなどのアクセサリーが展示されている。二人の作家による展覧会みたいだが、彫刻家・薬師寺一彦さん(49)一人の個展だ。

 芸術家になる夢が破れて、普通の会社に就職したり実家の商売を継ぐというのはよくあるが、薬師寺さんは真逆のパターン。いったん継いだ家業を捨て、プロの彫刻家になった。

作品ととともに写真に納まる彫刻家の薬師寺一彦さん

子供の頃から仏師に憧れ

 大阪府堺市出身。子供の頃から「仏師」に憧れ、父親と一緒に有名なお寺に行っても、「山門で仁王さんの絵を描いていた」というから、かなり変わった子供だったようだ。小学生のときに描いた叔父の肖像画をタブレット端末で見せてもらった。しっかりしたタッチで描かれていて、なかなかの腕前。