menu
Social media

ビジネス

家業の燃料卸問屋を譲渡し彫刻家に転身  薬師寺一彦さん(上)

Cover 6ca408a0 d306 4caf a44c b9593ef27669

 2017年11月、東京・巣鴨の「マスミギャラリー」でちょっと変わった展覧会があった。会場が二つに分けられ、メインのスペースには比較的大きな立体作品が飾られ、隣りのスペースでは小さなブレスレットやペンダントなどのアクセサリーが展示されている。二人の作家による展覧会みたいだが、彫刻家・薬師寺一彦さん(49)一人の個展だ。

 芸術家になる夢が破れて、普通の会社に就職したり実家の商売を継ぐというのはよくあるが、薬師寺さんは真逆のパターン。いったん継いだ家業を捨て、プロの彫刻家になった。

作品ととともに写真に納まる彫刻家の薬師寺一彦さん

子供の頃から仏師に憧れ

 大阪府堺市出身。子供の頃から「仏師」に憧れ、父親と一緒に有名なお寺に行っても、「山門で仁王さんの絵を描いていた」というから、かなり変わった子供だったようだ。小学生のときに描いた叔父の肖像画をタブレット端末で見せてもらった。しっかりしたタッチで描かれていて、なかなかの腕前。

人物もの

NEXT STORY

家業の燃料卸問屋を譲渡し彫刻家に転身 薬師寺一彦さん(中)

家業の燃料卸問屋を譲渡し彫刻家に転身 薬師寺一彦さん(中)

父が経営していた燃料卸問屋は経営が順調だったからこそ、有利な条件で売却することができた。売却時は何の展望もなかったが、幸い働いていた時の蓄えがあり、生活には困らなかった。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92