ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

家業の燃料卸問屋を譲渡し彫刻家に転身 薬師寺一彦さん(中)

alt

 当時、大阪・堺は急速に都市ガスが普及し始めていた。会社はそれなりの規模だったが、将来燃料卸問屋の商売が先細りになることは目に見えていた。「7人いた社員さんもいままでと同じ条件で働けるようにして、小売りと卸の権利を譲渡しました。けっこう年配の社員もいたので、売却してから10年以内にみなさん定年退職しました」

順調だったからこそ売却は有利に

 経営は順調だったからこそ有利な条件で売却することができた。「早く決断したことは良かったと思います。何の展望もなかったんですが、幸い働いていた時の蓄えがあり、生活には困りませんでした」。

作品ととともに写真に納まる彫刻家の薬師寺一彦さん

 1996年から海に棲む鯨やイルカなどの哺乳類や水をテーマに、アクリルやガラスを使った彫刻の創作を開始。独自の技法で彫刻物をアクリルの中に閉じ込め、あたかも鯨や熊が霧の中に浮かんでいるような淡い表現が特徴で、じっと見つめていると不思議な感動を覚える。沖縄の美ら水族館の尾びれを失ったイルカ「フジ」のため、タイヤメーカーのブリヂストンと共同で人工尾びれを制作するプロジェクトにも携わった。

NEXT STORY

家業の燃料卸問屋を譲渡し彫刻家に転身  薬師寺一彦さん(上)

家業の燃料卸問屋を譲渡し彫刻家に転身  薬師寺一彦さん(上)

2018/02/05

芸術家になる夢が破れて、普通の会社に就職したり実家の商売を継ぐというのはよくあるが、薬師寺さんは真逆のパターン。いったん継いだ家業を捨て、プロの彫刻家になった。