ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

出光・昭和シェルの合併から学ぶ 財団使った相続対策

alt

カギ握る出光美術館と文化福祉財団所有の株式

今回の問題は、出光興産と昭和シェル石油の合併をめぐり、合併に反対の創業家と、年内には臨時株主総会を開き合併承認を目指す経営陣との争いだ。

「海賊と呼ばれた男」のモデルとされる創業者の出光佐三氏は、日章丸事件等で石油メジャーに挑戦した男として有名であり、特にイランとの関係が深かった。その長男である創業家トップ出光昭介氏は、昭和シェル石油の14.9%株主であるサウジアラムコに出光興産の株式が渡ることを企業体質の違いと、イランと敵対関係にあるサウジアラビアの国営企業ということで懸念していると言う。

昭介氏は、出光興産株式7.75%を持つ出光文化福祉財団と5%を持つ出光美術館の代表理事でもあり、自らの資産管理会社「日章興産」の持株16.9%を中心に約21%を保有しているとされる。
創業家側は、これらを合わせて「33.92%」の議決権を行使できると主張。この中に、8月3日に創業家が市場から取得した昭和シェル石油株式40万株が含まれているとされる。なぜこんなことをしたかといえば、金融商品取引法上TOB(公開市場買付)規程に抵触させるためだったようだ。

経営陣は、9月中ロイヤル・ダッチ・シェルから昭和シェル石油株式33.2%を取得する契約を結んでいた。創業家が取得した40万株を加えれば(出光興産の特別関係者に当たる為)発行株式数の3分の1を超える割合で取得する場合に該当し、TOBが必要というのだ。

超富裕層は財団設立で相続対策

ところで、筆者が気になるのは、この出光興産の株式を大量保有する両公益財団法人である。両財団とも今年3月末時点の評議員数は8人で、出光昭介氏の息子2人や元役員の他検事や外交官経験者がいるようだ。

通常個人が土地や建物などの資産を法人に寄附した場合は、寄付時の時価で譲渡があったものとみなされ、値上がり益に対して所得税が課される(所得税法第59条第1項第1号)。ただし、これらの資産を公益法人等に寄付した場合において、その寄付が教育または科学の振興、文化の向上、社会福祉への貢献、その他公益の増進に著しく寄与することなど一定の要件を満たすものとして国税庁長官の承認を受けたときは、この所得税について非課税となる(租税特別措置法第40条)。そしてこの制度により、自社株式などを自ら設立した公益財団法人に寄付したオーナーの被相続財産は減り、相続税が減額される上社会貢献や安定株主対策も可能となるなど、一時非常に流行った節税手法だった。

なんと言っても、オーナー一族を巧みに理事等で潜り込ませ、何代にも渡って役員報酬と名誉を得る有効なものだった。しかし、近年の税制改正で国税庁長官の承認要件が厳格化され、承認には厳しい基準が適用されるようになって来た。

ちなみに、最新改正(平成26年4月1日)後の該当要件は以下の通りである。その前にこの制度の対象となるのは、公益社団法人・公益財団法人・特定一般法人・その他公益を目的として事業を行う法人であり、これには新たに公益法人を設立するための財産の提供も含める。

承認要件は3点あり、まず寄付が教育又は科学の振興、文化の向上、社会福祉への貢献、その他公益の増進に著しく寄与すること。
次に、寄付財産が寄付日から2年以内に寄付を受けた法人の公益を目的とする事業の用に直接供されること。
3点目は、寄付により寄付した人の所得税の負担を不当に減少させ、または寄附した人親族その他これらの人と特別な関係がある人の相続税や贈与税の負担を不当に減少させる結果とならないこと。

NEXT STORY

【緊急インタビュー】激動のエネルギー業界とM&A(石油業界編・後編)

【緊急インタビュー】激動のエネルギー業界とM&A(石油業界編・後編)

2016/04/29

いま、エネルギー業界で何が起きているのか?大型再編が示す将来像とは?昭和シェル石油と出光興産の経営統合について、前回に引き続きエネルギー産業史研究の第一人者である橘川武郎教授に緊急インタビューを行った。

関連のM&A速報