エネルギー業界の記事一覧

7年ぶりに大型出資に乗り出した「オリックス」その狙いは

7年ぶりに大型出資に乗り出した「オリックス」その狙いは

オリックスはインドの再生可能エネルギー事業会社大手のグリーンコー・エナジー・ホールディングスの株式の20%超を9億8000万ドル(約1020億円)で取得する。グリーンコーとはどのような企業なのか。

記事を読む
なぜ企業は不正をするのか 映画『エンロン』から学ぶこと

なぜ企業は不正をするのか 映画『エンロン』から学ぶこと

独決済サービス大手・ワイヤーカードの元CEOが不正会計と市場操作の疑い逮捕された。企業はなぜ不正を繰り返すのか。映画「エンロン」はアメリカにおける粉飾決算と株価操作の教科書として、今観ても学ぶところは多いだろう。

記事を読む
改正外為法でエネルギー会社買収の脅威はなくなるのか(後編)

改正外為法でエネルギー会社買収の脅威はなくなるのか(後編)

今春施行される改正外為法でエネルギー会社買収の脅威はなくなるのか。橘川教授によると新電力を中心とした新興企業は依然として買収される可能性はあると指摘する。

記事を読む
【大阪ガス】2030年に目指す姿は?

【大阪ガス】2030年に目指す姿は?

大阪ガスは2019年7月に、シェールガス開発を手がける米国のサビン オイル&ガス コーポレーションを約650億円で買収することを決めた。 今後も海外エネルギー事業分野でのM&Aが活発化することが予想される。

記事を読む
【レノバ】太陽光発電再編の「台風の目」になるか?

【レノバ】太陽光発電再編の「台風の目」になるか?

再生可能エネルギー事業の大手企業として知られるレノバだが、同事業に参入したのは東日本大震災の翌年の2012年と意外にも新しい。再生可能エネルギー業界で存在感を高める原動力となったのがM&Aだ。激変する再生可能エネルギーで、どう生き残るのか。

記事を読む
【電力業界のM&A】電力会社の再編をもたらす発電ポートフォリオの見直し

【電力業界のM&A】電力会社の再編をもたらす発電ポートフォリオの見直し

電力業界のM&Aはあるか?エネルギー産業史研究の第一人者である東京理科大学教授橘川武郎氏に緊急インタビューを行った。電力会社の再編をもたらす駆動力は、3.11の震災以降に顕在化した、原子力発電を巡るポートフォリオの見直しにあるという。

記事を読む
【石油業界とM&A】欧米メジャーの日本市場撤退が意味するものとは

【石油業界とM&A】欧米メジャーの日本市場撤退が意味するものとは

大型再編が示す石油業界の将来像とは?前回に続き、エネルギー産業史研究の第一人者である東京理科大学教授橘川武郎氏に緊急インタビューを行った。

記事を読む
出光興産と昭和シェル石油の業務提携で大きく変わるクレジットカードの使い方

出光興産と昭和シェル石油の業務提携で大きく変わるクレジットカードの使い方

出光興産と昭和シェル石油の合併の話は2014年からずっとくすぶり続けている話です。提携から合併に進めば、出光と昭和シェルで展開していたクレジットカードやポイントサービスなど、私たちの暮らしにも影響する可能性があります。今後どのように変化していくのか考えてみたいと思います。

記事を読む
【出光興産】創業家が反対する経営統合は、飛躍の起爆剤となりえるか

【出光興産】創業家が反対する経営統合は、飛躍の起爆剤となりえるか

出光興産というと石油元売りとしてのイメージが強いが、プラスチック樹脂等の機能材料の製造や石炭開発、アグリバイオ事業まで幅広い分野に手を広げている。その背景には、M&Aの活用を通じて事業の入れ替えを行ってきたことがある。一時の倒産危機も克服し、石油元売りという枠を超えて事業を展開する出光興産のM&Aを見ていく。

記事を読む
合併計画が頓挫している昭和シェル石油<5002>に注目!

合併計画が頓挫している昭和シェル石油<5002>に注目!

新進気鋭のアナリスト巽震二が送るTOBマーケットレビューの連載第2回。今回の注目銘柄は、出光との合併計画が頓挫している昭和シェル石油。昭シェルの株式は早晩売却すると思われるからだ。

記事を読む
出光・昭和シェルの合併から学ぶ 財団使った相続対策

出光・昭和シェルの合併から学ぶ 財団使った相続対策

出光興産と昭和シェル石油の合併延期が報じられたばかりだが、実は会計の専門家が注目しているのが、出光の創業家が設立した「財団」だ。

記事を読む
【緊急インタビュー】電力ガス自由化とエネルギー業界のこれから(電力業界編・後編)

【緊急インタビュー】電力ガス自由化とエネルギー業界のこれから(電力業界編・後編)

電力小売自由化から1カ月。来年にはガス小売自由化が控えており、「電力VSガス」の熾烈な競争が始まる。第4回は、「電力ガス自由化とエネルギー業界のこれから」について前回に引き続き、エネルギー産業の動向に詳しい東京理科大学橘川教授に話を伺った。

記事を読む
【緊急インタビュー】電力業界のM&Aはあるか?(電力業界編・前編)

【緊急インタビュー】電力業界のM&Aはあるか?(電力業界編・前編)

原発停止による代替燃料のコストアップは年間3兆円ともいわれており、電力業界は苦境に立たされている。連載第3回は「電力業界とM&A」について、エネルギー産業の動向に詳しい東京理科大学橘川教授に話を伺った。

記事を読む
【緊急インタビュー】激動のエネルギー業界とM&A(石油業界編・後編)

【緊急インタビュー】激動のエネルギー業界とM&A(石油業界編・後編)

いま、エネルギー業界で何が起きているのか?大型再編が示す将来像とは?昭和シェル石油と出光興産の経営統合について、前回に引き続きエネルギー産業史研究の第一人者である橘川武郎教授に緊急インタビューを行った。

記事を読む
【緊急インタビュー】激動のエネルギー業界とM&A(石油業界編・前編)

【緊急インタビュー】激動のエネルギー業界とM&A(石油業界編・前編)

今、エネルギー業界で何が起きているのか?大型再編が示す将来像とは?エネルギー産業史研究の第一人者である東京理科大学大学院橘川武郎教授に緊急インタビューを行った。

記事を読む
【緊急インタビュー予告】激動のエネルギー業界のM&A

【緊急インタビュー予告】激動のエネルギー業界のM&A

2016年4月1日、電力の小売が全面的に自由化された。このイベントをトリガーに、M&Aが進むのでは、と唱えるのはエネルギー産業分野の第一人者、東京理科大学大学院イノベーション研究科教授・橘川武郎氏だ。

記事を読む