トップ > インタビュー・事例 > インタビュー >「業務スーパー」が食品工場のM&Aに積極的な理由は 神戸物産 沼田博和社長に聞いた

「業務スーパー」が食品工場のM&Aに積極的な理由は 神戸物産 沼田博和社長に聞いた

alt
沼田博和 神戸物産社長

「業務スーパー」を展開する神戸物産<3038>は「食の製販一体体制」を基盤に、食品工場のM&Aに積極的な姿勢をとる。食品工場をグループ化することで、どのようなメリットが生まれてくるのか。

また同社はCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)にも前向きで、ファンドを通じ、主に海外企業の新しい技術や製品の導入を目指している。スーパーがなぜ外国企業の技術を必要とするのか。同社の沼田博和社長に狙いをお聞きした...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

JSR社長、世界で戦うには「規模と効率性が重要」

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2023/8/1
2023.08.01