新規事業を収益化するには?「リブ・コンサルティング」関厳社長に聞く

alt
リブ・コンサルティングの関社長

業容の拡大や新分野の開拓などを目的に、新規事業の立ち上げに取り組む企業は少なくない。ただ、なかなか事業を収益化できていないのも事実。こうした状況を踏まえ、中堅やベンチャー企業を中心にコンサルティング業務を手がけるリブ・コンサルティング(東京都千代田区)は、新規事業の収益化を手助けする事業に乗り出した。

顧客企業とともに問題解決に取り組む「伴走型支援」の実績を武器に、まさに同社にとっての新規事業を展開するわけだ。そこで2012年に32歳で同社を立ち上げた関厳社長(42歳)に、事業立ち上げの背景や、新規事業を収益化できない理由、その対策などについてお聞きした。

事業開発にはスピードと混乱が必要

-新規事業を収益化するためのお手伝いを事業化すると決断されたのには、どのようなお考えがあったのでしょうか。

日本の産業はほとんどが成熟期に入っていて、横ばい状態にある。世の中の移り変わりは早く、こうした企業では成長産業に乗ろうというのが戦略の大前提となる。成長産業としてはITやデジタルなどの領域があり、この波にどう乗るのかということを真剣に考え出したのが、ここ10年ほどだろう。

この最大の理由はGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック=2021年社名をメタに変更、アマゾンの頭文字)がIT、デジタルで大きく成長したことにあり、同じようにこの分野で成長できるのではないかとの思いがあるようだ。

日本企業の強みは品質や計画力、改善などであり、これは、すでにあるものを磨き上げていくことを指しており、新しいモノを生みだすことを日本企業は苦手にしている。この部分を外部からどのように補うかが問われている。

当社の強みは、当社自体がゼロからスタートした企業であり、自分たちで中堅、ベンチャー向けのコンサルマーケットを作ってきた実績がある。ここ数年間では、その経験を大企業に活かすことも増えてきた。事業を作り出すのがうまい、これらの企業にコンサルティングを行っているため、この領域の知見は当社が強いと言える。これを、いろんなお客さんに還元していくということを考え、この事業に取り組むことにした。

-新規事業を収益化できない原因はどこにあるのでしょうか。

日本の企業はニーズがどこにあるのかをスピーディに探しに行こうとしない傾向がある。日本には計画を緻密に立てる習慣があるため、リサーチをして可能性がありそうなものに取り組んでいることが大半で、スピード感に欠けてしまう傾向が強い。事業を立ち上げるのはスピードと、混乱の中で探り当てていくというやり方が必要で、「石橋を叩いて渡る」ようなやり方では事業開発は難しい。

事業を作る時に社内を見るのか、社外の顧客を見るのかは大きな違いだ。大企業では社内で企画が承認されるかどうかは大きな問題になる。最終的にビジネスは売れなければだめで、社内を考えるのは後でいいのだが、ここのマインドチェンジが起きづらい。ここを修正するのがコンサルティング会社の役割であると考えており、我々が事業開発領域のコンサルティングをするケースでは「未開の地を切り開くためには外を見る必要がある。獲物と敵を意識したビジネス展開が成功のカギ」と伝えている。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【識学】買収したプロバスケチームが黒字に 投資も活発化

【識学】買収したプロバスケチームが黒字に 投資も活発化

2022-02-10

識学が2020年に傘下に収めたプロバスケットボールチーム「福島ファイヤーボンズ」の運営事業スポーツエンタテインメント部門が、2022年2月期第4四半期に買収後初となる黒字に転換する見込みだ。