ロシアが核兵器を使用したら、世界経済はどうなる?

alt
ロシアによる核兵器使用の危機が迫っている?(写真はイメージ)

どこまで本気なのか?ロシアのプーチン大統領がウクライナでの戦況を挽回するために「核兵器の使用も辞さない」との姿勢を鮮明にしている。実際にロシア軍が核兵器を使用するかどうかは分からないが、もし実際に使用されたとしたら世界経済に影響はあるのだろうか?

核兵器使用の効用は「戦争を短縮できる」状況に限られる

実は核兵器を使用した場合の経済的効用についての分析は、早くからあった。広島に最初の原子爆弾が投下された2日後、長崎に投下される前日の1945年8月8日付のシカゴ・トリビューン紙は「原子爆弾は戦争を短縮するかぎり開発費を上回る経済的利益をもたらす」とするAP通信電を掲載している。

それによると原子爆弾の開発費は総額20億ドル。一方、同年7月に日本との戦争に費やした戦費は73億9500万ドルで、1日当り2億3900万ドルだった。原爆の開発費用は8日と8時間で回収できることになる。つまり原爆投下で9日以上、戦争を短縮できれば経済的利益をもたらすというのだ。

実際、ソ連の参戦に加えて広島と長崎への原爆投下で日本の降伏の判断が早まったのは昭和天皇の玉音放送でも明らかで、1945年11月に予定されていた「オリンピック作戦」と1946年3月に予定されていた「コロネット作戦」の二つの日本本土決戦が回避されたことにより、終戦は半年以上も前倒しできた。被爆国の日本にとってはとんでもない話だが、米国にとっては十分「元がとれた」計算になる。

では、ロシアはどうか?ウクライナとの紛争で核兵器を使用することに経済的利益はあるのだろうか?太平洋戦争では日本の敗戦が決定的になった時点で原爆が投下された。だから日本政府に降伏を決断させる要因の一つになったのだ。

一方、ウクライナ軍は米国やEUなどの支援もあって、ロシア軍を押し戻している状況だ。ゼレンスキー大統領が掲げる和平交渉の「落とし所」も開戦直後の「ウクライナ侵攻前の状況に戻す」から、「クリミア半島の奪還」に踏み込んでいる。

戦場で100キロトン級以下の戦術核兵器を使用したところで、ウクライナ軍の前線部隊は大きな打撃を受けるだろうが反撃は止めないだろう。つまり核兵器使用による戦争の短縮効果はない。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

マツダ、トヨタ…ロシア撤退相次ぐ。日本車メーカーには痛手?

マツダ、トヨタ…ロシア撤退相次ぐ。日本車メーカーには痛手?

2022-09-27

マツダがロシア極東部での現地生産から撤退する交渉に入ったことが分かった。日本車メーカーではトヨタ自動車が9月23日にロシア西部の工場を閉鎖し、撤退すると発表している。相次ぐ日本車メーカーのロシア撤退だが、世界戦略で痛手にならないのだろうか?