行動制限なしの「ウイズコロナ」時代に突入、どう対応すべきか?

alt
第7波の自衛手段として感染検査キットを準備しておきたい(写真はイメージ)

コロナ禍が新たな段階に入った。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内新規感染者が7月20日、過去最高を更新。同16日に11万660人だった新規感染者が、3連休を経て15万2000人と約1.4倍に急増した。過去6回の感染拡大を上回る事態だが、政府も自治体も「行動制限はしない」と明言している。こうした新しいフェーズに、どう対応すべきなのか?

死亡率と病床使用率の低下で「行動制限」に踏み込まず

「新たな行動制限は、現時点では考えておりません」。同15日に首相官邸で開いた「第94回新型コロナウイルス感染症対策本部」で、岸田文雄首相は感染急増にもかかわらず「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」などの経済活動を停滞させる感染防止対策をとらない姿勢を改めて強調した。

新型コロナウイルス感染症対策本部で行動規制に慎重な姿勢を示した岸田文雄首相=向かって左から2人目(首相官邸ホームページより)

その理由として挙げているのが、重症者数や死亡者数、病床使用率が低い水準にあることだ。完全なコロナ治療薬は存在しないが、コロナの対処療法スキルや方法論か確立し、重症化する前に患者の免疫力で治癒できるよう症状を緩和することが可能になった。

ワクチンも効果があらわれる2回目の国内接種率が81.4%まで上がり、重症化リスクが低下していることも影響している。つまり「感染拡大を放置しても、死者や重傷者の発生を最小限に抑え込める」との見通しから、過去のような行動制限をとる緊急性はないと判断したということだ。

一方で「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」といった行動制限を伴う措置は、経済を冷え込ませるだけでなく、休業や営業時間短縮に伴う補償金などで膨大な予算が必要になる。政府や地方自治体にとっては財政上の負担が重く、「行動制限と補償金の年中行事化」は何としても避けたい。

一方、国民も感染拡大という「痛み」は伴うが、「自粛疲れ」や「コロナ慣れ」に加えて経済を回さなくては自らの生活にも影響が出ると痛感している。だから行動制限に踏み切らない政府を「対策が後手に回った」と非難しなくなった。

NEXT STORY

上場化粧品メーカー5社、「マスク生活」長期化が業績回復を左右

上場化粧品メーカー5社、「マスク生活」長期化が業績回復を左右

2022/07/17

上場化粧品メーカー5社の直近本決算は各社が営業黒字を計上し、うち3社は営業利益が増益に転じた。各社は今期の通期決算で増収増益を見込んでいるが、マスク着用が定着した新しい生活様式が続くなか、コロナ前の水準まで業績が回復するのは容易ではない。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5