コロナ入国制限の完全解除で「品切れしそうなもの」リスト

alt
外国人観光客の増加でインバウンド消費に期待が集まる(写真はイメージ)

日本政府が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の水際対策で実施してきた入国制限の完全撤廃に向けて動き出した。早ければ10月にも実施される。2年半にわたる厳しい入国制限に苦しめられた観光業者などインバウンド需要に依存する事業者にとっては、ようやく正常化のメドがつきそうだ。一方、消費者の立場からは大量の外国人観光客がやって来る前に「買っておくべき物」がある。

高級ブランド品

円安で値上げされ、日本人の手に届きにくくなった海外の高級ブランド品。しかし、買っておくなら今のうちだ。アジアを含む海外在住の外国人から見れば、値上がりしたとはいえ円安で割安感がある。しかも、免税対象となるため、自国で購入するより安い。

さらに円安が進む可能性もあり、高級ブランド狙いの外国人観光客は再び値上げされる前に購入しようとするだろう。入国制限解除と同時に高級ブランドの路面店や百貨店に押し寄せて、手当り次第買っていく可能性が高い。

そうなると日本中の売り場から目ぼしい高級ブランドが姿を消し、買いたくても買えない事態になる。外商がつくほどの富裕層でない限り、高級ブランド品は予約ができないケースがほとんど。品薄となった高級ブランド品を購入できるチャンスはなくなるだろう。

もしも高級ブランド品で買いたい商品が店舗にあるのなら、入国制限が全面解除される前に購入することをお勧めする。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

HISが売却へ、なぜハウステンボスは3度も「身売り」された?

HISが売却へ、なぜハウステンボスは3度も「身売り」された?

2022/07/22

「2度あることは3度ある?」エイチ・アイ・エス(HIS)が大型リゾート施設のハウステンボス(長崎県佐世保市)を売却する方向で調整している模様だ。21日、日本経済新聞が報じた。ハウステンボスの「身売り」は3回目。過去の「身売り史」を振り返る。