ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

バルニバービが7千円で買収した旅館「菊水」が業績に与えた影響

alt

菊水の門
インバウンド需要も獲得へ

借金の引き受けにより、旅館を7千円で買収

バルニバービは菊水の株式70.0%を取得しました。取得額は7,000円です。

菊水の貸借対照表はこのようになっています。

流動資産 30,808千円
固定資産 17,353千円
資産合計 48,161千円
流動負債 26,318千円
固定負債 109,631千円
負債合計 135,960千円

有価証券報告書より

バルニバービはおよそ8800万円の「のれん」を計上し(すなわち、借金の肩代わりをして)、7,000円の現金を支払って菊水を買収しています。

同社は菊水の建物を3億9200万円、土地を5億2200万円で固定資産に計上しています。この歴史ある施設を上手く活用することができるのか、減損損失の爆弾を抱えることになるのか。外食企業の新たな試みに注目が集まっています。

麦とホップ@ビールを飲む理由

麦とホップ @ビールを飲む理由

しがないサラリーマンが30代で飲食店オーナーを目指しながら、日々精進するためのブログ「ビールを飲む理由」を書いています。サービス、飲食、フード、不動産にまつわる情報を書き込んでいます。飲食店、宿泊施設、民泊、結婚式場の経営者やオーナー、それを目指す人、サービス業に従事している人、就職を考えている人に有益な情報を届けるためのブログです。やがて、そうした人たちの交流の場になれば最高です。 ブログはこちら 「ビールを飲む理由」 


NEXT STORY

外食経営のトレンドは「金太郎アメ」から「水アメ」型に変わっているのかもしれない

外食経営のトレンドは「金太郎アメ」から「水アメ」型に変わっているのかもしれない

2017/04/09

外食企業は、店舗開発、チェーン展開、ドミナント戦略、フランチャイズといった、金太郎アメ型経営スタイルが主流。それが今は、いろいろな業態と融合する水アメ型になっているのかもしれません。