記事一覧

フィリップモリス インターナショナル(PM)-売上高はすべて米国外

フィリップモリス インターナショナル(PM)-売上高はすべて米国外

フィリップモリス インターナショナル(Philip Morris International Inc)は、2008年に米国最大のタバコ企業であるアルトリア・グループの国際部門がスピンオフ(分離・独立)して設立された世界最大の上場タバコ会社である。この記事ではフィリップモリスのM&Aについて、アメリカ部の記事を抜粋して紹介する。

記事を読む
【プロフェッショナルインタビュー】「JAPAN革新継承基金」が「ファンド」ではなく「基金」である理由

【プロフェッショナルインタビュー】「JAPAN革新継承基金」が「ファンド」ではなく「基金」である理由

これまでになかった画期的な事業継承のためのM&A基金の在り方に挑戦している「JAPAN革新継承基金」。年金基金などの公共性の高い資金を「基金」として、日本の優れた中堅中小企業をM&Aし、短期的な売却ではなく長期の株式保有により、株主として積極的に企業成長を支援している。同基金を運用するACA革新基金運用の代表取締役社長・近藤Nick 直樹氏と代表取締役・松井香氏にお話を伺った。

記事を読む
Facebookが創業以来買収してきた43社を分析したりTwitterと比較してみたりした

Facebookが創業以来買収してきた43社を分析したりTwitterと比較してみたりした

Twitter、Apple、Amazonに続き、今回はFacebookの買収リストを作ってみた。情報ソースによってバラつきがあるが、2004年の創業以来43社の企業を買収してきたFacebook。時系列毎に買収してきたスタートアップをリストアップしてみる。

記事を読む
【三菱商事】資源価格の低迷がM&A戦略を変える

【三菱商事】資源価格の低迷がM&A戦略を変える

国内及び海外約90カ国に200以上の拠点を持ち、600社を超える連結対象会社を持つ日本最大の総合商社である三菱商事。総合商社の投資はこれまで、例えば「ラーメンからミサイルまで」を扱うなど広範囲にわたっていたが、現在では特定の事業への投資にしぼる傾向にある。変わりゆく三菱商事の投資スタンスを見てみる。

記事を読む
「第二次納税義務の判例まとめ」 (完)

「第二次納税義務の判例まとめ」 (完)

前回・前々回に続き、節税ヒントがあるかもブログのメタボ税理士さんが[国税徴収法] 第二次納税義務について実際の判例を基にご紹介します。

記事を読む
ベンチャーM&A速報 (11)EコマースのJet.comをウォルマートが$3.3Bで買収

ベンチャーM&A速報 (11)EコマースのJet.comをウォルマートが$3.3Bで買収

米シリコンバレーを中心とする海外のベンチャーおよびテクノロジー関連のM&A情報を、TransCap代表で現地在住のコンサルタント坂崎昌平氏がレポート! 今回のハイライトは、EコマースのJet.comをウォルマートが$3.3Bで買収。詳しく見ていく。2016年8月1日週および8月8日週の動きをまとめました。

記事を読む
【M&A相談所】「売りたくても売れないタイミングが来る!」って本当?

【M&A相談所】「売りたくても売れないタイミングが来る!」って本当?

創業来25年、特殊なオーダーにも応えられる高い技術力を軸に、お取引先から多くの受注をいただいてきました。利益も出しており、財務状態は健全、10 年くらいかけてさらに会社を磨き上げてから譲渡をしたいと考える経営者からの相談例。知り合いのコンサルタントに10年もしたら売れなくなると言われたという。実際はどうなのであろうか。

記事を読む
【M&Aインサイト】二段階買収案件の株式取得価格決定申立てに関する最高裁決定

【M&Aインサイト】二段階買収案件の株式取得価格決定申立てに関する最高裁決定

2016年7月1日、最高裁第一小法廷は、当時JASDAQ上場企業であった株式会社ジュピターテレコム(「JCOM」)に対する公開買付けと全部取得条項付種類株式を用いた二段階取引による非公開化取引において、JCOMの株主が取得価格の決定の申立て(会社法172条)を行った事案について、取得価格は公開買付価格と同額に定める旨の決定をした。最高裁が実質的な判断を示した初めての事例をご紹介する。

記事を読む
「コーポレートガバナンス・コードを『そもそも』から理解する(その1)」

「コーポレートガバナンス・コードを『そもそも』から理解する(その1)」

今回は、コーポレートガバナンス・コードの基礎を取りまとめてみた。そもそも「コーポレートガバナンス」とは?金融庁原案と東証コードの違いは?何のためにある?復習の意味で基礎から振り返る。

記事を読む
世界最大の多国籍複合企業体 ゼネラル・エレクトリック(GE)

世界最大の多国籍複合企業体 ゼネラル・エレクトリック(GE)

ゼネラル・エレクトリック(General Electric Company)は発明家トーマス・エジソンが白熱灯用の優れたフィラメントを発見し、1878年にエジソン電気照明会社を設立して以来成長を続けてきた世界最大の多国籍コングロマリット(巨大複合企業体)である。この記事ではゼネラル・エレクトリックのM&Aについて、アメリカ部の記事を抜粋して紹介する。

記事を読む
「グッドバッド方式と第二次納税義務」

「グッドバッド方式と第二次納税義務」

前回に続き、節税ヒントがあるかもブログのメタボ税理士さんが[国税徴収法] 第二次納税義務について実際の判例を基にご紹介します。(M&A Online編集部)

記事を読む
【SOMPOホールディングス】海外へ、介護へ。積極的M&Aが目指す先は?

【SOMPOホールディングス】海外へ、介護へ。積極的M&Aが目指す先は?

損害保険ジャパンと日本興亜損害保険が株式移転により設立した、NKSJホールディングス(現:SOMPOホールディングス)。新興国でのリテール保険と並んで、先進国でのスペシャルティ(特殊保険)分野での収益確保を経営計画として掲げ、商圏を買うM&Aとノウハウを買うM&Aを積極的に行っている。近年、国内で投資を重ねている介護事業への動きも見てみる。

記事を読む
「人手不足」関連倒産(7月)

「人手不足」関連倒産(7月)

企業倒産の低水準な推移が続くなかで、中小企業を中心に人手不足は解消されていない。人手が不足している企業のなかには、就業環境の悪化等から離職を招いて正社員の定着率が低くなり、さらに人手不足が深刻化するという悪循環に陥いっているケースもみられるという。7月の倒産動向を紹介する。

記事を読む
【専門家に聞く】M&Aを積極活用。急がれる中小企業の事業承継(2/4)

【専門家に聞く】M&Aを積極活用。急がれる中小企業の事業承継(2/4)

中小企業庁は、これまで一部の地域で展開していた「事業引き継ぎ支援センター」を全都道府県に展開、M&Aを活用した中小企業の事業承継を後押しする体制を敷いた。支援センターはどこまでサポートしてくれるのだろうか。東京都事業引継ぎ支援センターのプロジェクトマネージャー木内雅雄氏に伺った。

記事を読む
Amazonが20件の企業買収で強化しようとした領域を整理してみた

Amazonが20件の企業買収で強化しようとした領域を整理してみた

最近、TenMarksを買収したことでEdtechに進出か、と話題になったAmazon。ますます巨大化して生活の大部分に浸透し始めている。Amazonが買ってきた企業を見ると、今後どんな分野に力を入れていきそうか見えたりするのかも。そんなことをふと思ったのでまとめてみた。

記事を読む
【業界最前線ブログ】「ファッション流通の現場」(6)世界アパレル専門店売上ランキング2015 トップ10

【業界最前線ブログ】「ファッション流通の現場」(6)世界アパレル専門店売上ランキング2015 トップ10

世界の大手アパレル専門店各社の2015年の売上高や利益などをまとめる機会ができたので、売上高のランキングTOP10を紹介する。

記事を読む
[国税徴収法] 「M&Aでも要注意! 第二次納税義務」

[国税徴収法] 「M&Aでも要注意! 第二次納税義務」

節税ヒントがあるかもブログのメタボ税理士さんが第二次納税義務について実際の判例を基にご紹介します。

記事を読む
【東京海上ホールディングス】積極果敢なクロスボーダーM&Aで海外売り上げ拡大

【東京海上ホールディングス】積極果敢なクロスボーダーM&Aで海外売り上げ拡大

国内の3大メガ損保の一つである東京海上ホールディングス。同社のM&Aの特徴は、2001年から翌年にかけての東京海上保険と日動火災保険の統合すなわち国内においての統合と、その後におけるクロスボーダーM&Aにある。近年加速させているクロスボーダーM&Aを中心に見てみる。

記事を読む
デュポン(DD)- 時代を先取る大規模事業再編

デュポン(DD)- 時代を先取る大規模事業再編

アメリカ三大財閥の1つとして2世紀を超えて持続するデュポン(DuPont)は、世紀ごとに全く別の企業体であり、火薬事業の100年、化学事業の100年、そして現在は化学メーカーから工業バイオサイエンス、農業・食品、先端素材などをコアとした新しい技術・事業分野へ事業再編しつつある。この記事ではデュポンのM&Aについて、アメリカ部の記事を抜粋して紹介する。

記事を読む
[ホテル・旅館業界のM&A]都心とリゾート地で明暗分かれる

[ホテル・旅館業界のM&A]都心とリゾート地で明暗分かれる

2008年のリーマンショックや11年の東日本大震災の影響から、長らく低迷が続いてきたホテル・旅館業界。ここにきて震災からの復興が進んだことに加え、景気の回復傾向を受け、再び活況を迎えている。ホテル・旅館業界のM&A動向を探る。

記事を読む
 「TOBってなあに? もうかるの?」 第3回(完)

「TOBってなあに? もうかるの?」 第3回(完)

TOBを投資の目線で見るとどうなるのだろうか?「節税ヒントがあるかもブログ」のメタボ税理士が、TOBについて分かりやすく解説する。最終回の今回は全部買い取ってもらえない件について、ハウス食品グループ本社<2810>の壱番屋<7630>をTOBを事例に紹介する。

記事を読む
【法律とM&A】リバースモーゲージについて

【法律とM&A】リバースモーゲージについて

いくつかのスキームを利用することによって居住している家を維持しながら、老後の資金を調達することが可能となるリバースモーゲージについて指摘される問題を含めご紹介する。

記事を読む
【現場の声】総合情報サイト「All About」トップが語る。ゲーム会社のM&Aの狙いや経緯について

【現場の声】総合情報サイト「All About」トップが語る。ゲーム会社のM&Aの狙いや経緯について

総合情報サイト「All About」で知られるオールアバウトは2015年2月、ファイブスターズゲームをM&Aにより戦略子会社化した。オールアバウトはこれまでにもM&Aを事業戦略に取り入れ、成功させてきたが、ゲーム会社とのM&Aは今回が初めてだ。その狙いや経緯について、江幡哲也氏にお話を伺った。

記事を読む
【第一三共】国内第3位の製薬会社のM&A苦難の道のり

【第一三共】国内第3位の製薬会社のM&A苦難の道のり

2005年に三共と第一製薬が経営統合し誕生した第一三共は、売上規模約1兆円、現在国内第3位の製薬会社である。15年3月期で第10期を迎えた第一三共のこれまでのM&Aは、08年のランバクシーの買収に始まり、15年のランバクシーの売却に終わる苦難の道のりであった。それを細かく見ていく。

記事を読む
【専門家に聞く】M&Aを積極活用。急がれる中小企業の事業承継(1/4)

【専門家に聞く】M&Aを積極活用。急がれる中小企業の事業承継(1/4)

中小企業庁は、これまで一部の地域で展開していた「事業引き継ぎ支援センター」を全都道府県に展開、M&Aを活用した中小企業の事業承継を後押しする体制を敷いた。設立の経緯や目的について東京都事業引継ぎ支援センターのプロジェクトマネージャー木内雅雄氏に伺った。

記事を読む