ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

米朝首脳会談基本合意-経済制裁緩和で北朝鮮ビジネスはどう動く

alt

韓国の関連企業と株価の動きに注目

ニューヨークタイムズは、韓国の動きを紹介している。既にいくつかの大企業が北朝鮮と試験的に接触し、計画を立案するための内部タスクフォースを立ち上げたとしたうえで、利益の上がりそうな会社―製鉄、石油精製、航空機会社など、北朝鮮が開放経済に踏み切れば真っ先に利益を得られそうな業種の株価は上昇の気配を見せたと指摘。「経済制裁がなくなれば韓国事業の4分の3近くは北朝鮮に投資したがっている模様だ」とも報じた。

見逃せない韓国企業の動き

アメリカ、中国、韓国いずれにしても、ブルームバーグは「少なくとも10年という長期的アプローチで臨む必要がある」とコメントしている。外国人投資家にとって最大のネックは、CNNの「世間と没交渉の官僚たちは、ビジネスパートナーとの付き合い方をわかっていない。彼らは自分たちが国際社会の掘り出し物(prize catch)だと思っており、自国が国際的にどんな悪評をとっているか気づいていない」と、政権の「得点稼ぎ」のために成果を急ぐ政府主導の経済外交に警鐘を鳴らす。

<参照記事>
http://money.cnn.com/
https://www.bloomberg.com/
https://www.nytimes.com/

文:Yuu Yamanaka/編集:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

欧米メディアで読む「南北首脳会談の評価」と「米朝会談の行方」

欧米メディアで読む「南北首脳会談の評価」と「米朝会談の行方」

2018/05/14

2018年4月に板門店で開かれた韓国​のムン・ジェイン大統領と北朝鮮​のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長​の南北首脳会談には40か国を超える取材メディアが集まった。引き続き米国と北朝鮮の首脳会談も予定されているが、海外メディアの論調は?