コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス
コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス (企業統治) とは、企業経営を管理監督する仕組みを意味する。

株式会社では、会社の所有者である株主により選任された取締役が会社の経営を行う。会社の経営者は、株主に対して株主の利益の最大化を実現すべく会社を経営する責任を負っているが、経営者がその責任を適切に果たしているか管理監督をする仕組みが本来のコーポレートガバナンスであり、

具体的には、

1.株主総会、取締役会、監査役会等の組織構成

2.取締役会、監査役会等の組織の構成員の選任方法

3.取締役、監査役等に対する報酬の決定方法

4.経営状況の監査の仕組み

5.株主への情報開示の仕組み等の制度のあり方

をいう。

これまで日本では、会社は経営者あるいは従業員のものという意識が強く、企業統治のあり方に対する意識はあまり強くなかったが、最近では企業の相次ぐ不祥事や、買収がらみの騒動等を背景として、「企業は誰のものか?」「企業統治はどうあるべきか?」を問う声が高まっている。

※ご注意
  • 追加して欲しい用語がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。掲載については当社にて判断させていただきます。
  • 当サイトに掲載されている用語集より引用する場合は、必ず出典元およびURLを記載してください。
    例:「M&A online 用語集(https://maonline.jp/glossaries)」