トップ > ビジネスと経済 > 業界動向 >債務超過から抜け出せないタカキューに復活の道はあるのか?

債務超過から抜け出せないタカキューに復活の道はあるのか?

alt
※画像はイメージ

スーツを販売する「TAKA-Q」の運営会社タカキュー<8166>が、経営不振にあえいでいます。2023年2月期に10億5,000万円の純損失を計上。2022年2月末に8億7,600万円の債務超過となっていましたが、債務超過額が19億3,300万円まで膨らみました。2024年2月末までに債務超過が解消されない場合、上場廃止となります。

タカキューは2020年2月期から2022年2月期までで全店舗の45%に相当する136店舗の退店を実施。2023年2月期は34店舗を閉店しました。希望退職者の募集も行い、人員整理にも努めてコストの大幅な圧縮を進めています...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5