TOB関連株に動き「孫正義」氏は担保の変更届を提出 9月の大量保有報告書

alt
伊藤忠商事が完全子会社化を目指すファミリーマート(東京都千代田区)

M&A Online編集部が大量保有データベースで2020年9月の大量保有報告書の提出状況を調べたところ、ファミリーマート、大戸屋ホールディングス、島忠などのTOB(株式公開買付け)関連銘柄に動きが見られた。

コロワイドが大戸屋の46.76%を保有

伊藤忠商事が8月25日にTOBで保有割合が65.71%となったと発表したファミリーマート株式について、野村證券が売り(0.36%)と、買い(0.43%)を実施し、保有割合を9.57%とした。三井住友トラスト・アセットマネジメントも0.3%分を売却し保有割合を5.73%に引き下げた。伊藤忠商事は今後、ファミリーマートの残りの株式も買い取り、同社を上場廃止にする方針。

大戸屋ホールディングスについては、外食大手のコロワイドがTOBで28.11%を追加取得し、保有割合を46.76%に高めた。大戸屋ホールディングスは、コロワイドによる子会社化に反対し、敵対的なTOBとなっていたが、コロワイドは9月9日にTOBが成立したと発表した。

ホームセンターのDCMホールディングスが、買収を検討しているが伝えられた同業の島忠については、三井住友トラスト・アセットマネジメントが2度買い増し(0.38%、0.24%)、保有割合を6.01%に高めたほか、SMBC日興証券も買い(1.51%)と、売り(1.47%)で、保有割合を0.04%高め6.41%とした。

ただ両社の報告義務発生日は買収の検討が伝えられた9月18日以前で、報道後の動きはなかった。

ソフトバンク株式を大量売却

このほかソフトバンク関連では、持ち株会社のソフトバンクグループジャパンが、ソフトバンク株式の保有割合を19.38%引き下げ、42.1%としたほか、ソフトバンクの創業者である孫正義氏が、ソフトバンクグループ株式について担保契約等重要な契約の変更届を提出した。保有割合は26.9%で変更なかった。

また経営再建中のペッパーフードサービスについては、フラッグシップアセットマネジメントが3度売却(1.32%、0.98%、1.36%)し、保有割合を68.61%に引き下げた。

2020年9月の大量保有報告書の提出件数は1026件で、このうち保有割合を増やしたのが291件、新規保有が196件、保有割合を減らしたのが431件、契約の変更などが108件だった。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

新型コロナ対策向け募金に広がり、BリーグとTリーグが参画

新型コロナ対策向け募金に広がり、BリーグとTリーグが参画

2020/04/17

新型コロナウイルス感染拡大に伴って、募金活動が目を引くようになってきた。新型コロナウイルスとの闘いが長期戦になる可能性が高まりつつあるため、医療機関や子育てを金銭面で支援しようというのが活動の目的だ。